鱧(ハモ)の絵描きました!!

魚画伯
家族の絆を深めるスーパープロデューサーの魚画伯です。 

親愛なる人生前向きな皆様

お元氣ですか?

昨日は、日中、銀座でハモの素敵な絵をみかけ、小生も描きたくなりました。

夏は鱧(ハモ)!恋はハーモニー!!

鱧(ハモ)と言えば、骨切りが難しく、熟練した料理人の腕が試される魚。

そんな熟練の技が試される鱧(ハモ)に想いをよせて、描かせて頂きました。

先日、お客様から教わったこと。

鱧(ハモ)と言えば、「鱧すき鍋」や「湯引き」を連想する。

めったに口にすることはできない高級魚ですが・・・食通のお客様によるとその食べ方は、せっかくのうま味がお湯に溶けだしてしまって、せっかくの鱧(ハモ)が水っぽくなってしまうそうです。

さっぱりとしたタレ(タレという言い方であってる?)のイメージしかなく、鱧(ハモ)の味そのものをじっくり味わったことがなかった。

「薄作り」食べたことある?

小生は食べたことはありませんが、鱧(ハモ)の味わいと職人の技がはっきり出て格別なんだそうですよ。

「鱧の香り」想像しただけで、よだれが出そう(笑)

恋はハーモニー

ハーモニーとは、複数のものが絶妙にまとまっていること。普段は調和と訳されることが多いですよね。

ハーモニーと聞くと小生は、つい「恋のハーモニー」って歌いだしたくなります(笑)

恋から愛に変わっても、結婚生活が長くなっても、いつまでもハーモニーを忘れたくない。

そんな願いを込めて、鱧(ハモ)3匹描きました。

 

最後に・・・

小生の絵を見てくださった方が、素敵な出逢いを通して、いつまでもハーモニーが続きますように。

人生はキャンドルサービスのようなもの。

よかったら、シェア・拡散してください。

世界はハーモニーで包まれますように。

この記事が気に入ったら
いいね!してね。

最新情報をお届けします

Twitterで 魚画伯 をフォローしよう!

この記事を気に入ってもらえたら是非シェアしていただけると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です