1月17日(日)・・・良薬は口に苦し

魚画伯
「心機一転」今日から意識改革!!

今日も職場の教養から大切なことを学びました。人生のキャンドルサービスとして、シェアできたら嬉しいです。 

良薬は口に苦し

Kさんは仕事柄、人前に出て話す機会が多くあります。

その際に、いつも心がけていることがあります。そのきっかけは、Kさんがまだ新人の頃に、話し終わった後、ある先輩に言われた言葉でした。

「あなたの話し方は、はきはきしていて気持ちがいい。だけど、はっきりものを言う話し方を、〈怖い〉とか〈厳しい〉と感じる人もいるかもしれないわ」。その言葉にKさんは、〈そんなことを言われるなんて〉と落ち込んでしまいました。

この件を職場の先輩に相談すると、「『良薬は口に苦し』というじゃないか。よく効く薬は苦くて飲みにくい。つまり、よい忠告は聞くのがつらいが、その言葉は身に染みてためになる、ということだよ」とアドバイスをもらいました。

中には、受け入れ難い、指摘や忠告もあるでしょう。そのような時には、相手はよかれと思って言ってくれたのだと、捉え方を変えてみる柔軟さが必要です。

Kさんはそれから、人前で話す時には意識して口調を柔らかくし、表情も明るくするように努めています。

今日の心がけ◆忠告に耳を傾けましょう

引用:職場の教養(倫理法人会)

最後に・・・

『良薬は口に苦し』

まさにそうですね。その時は受け入れがたい指摘やアドバイスは、後に大きな影響を及ぼしているのだと思います。

大きな影響が、どう自分の中に活かすかどうかは、受け容れる自分次第。

大変だと騒ぎまくるのか?

大変は、大きな変化としてチャンスとするかどうかも自分次第。

良薬のような忠告を胸に刻みながら、今日も張り切っていきたいと思います。

今日も人生前向きな皆様にとって、ますます素敵な日でありますように。

今日も職場の教養から大切なことを学びました。人生のキャンドルサービスとして、シェア致します。#職場の教養 #流山倫理法人会 #おいでよ流山


和価値愛カードは、魚の絵がはいった潮の流れカード22枚とそれをサポートする愛の羅針盤カード49枚の2種類、計71枚より構成されています。
詳しい説明は下のページより
↓ ↓

この記事が気に入ったら
いいね!してね。

最新情報をお届けします

Twitterで 魚画伯 をフォローしよう!

この記事を気に入ってもらえたら是非シェアしていただけると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です