人に好かれたければ、自分が好きになる。

魚画伯
家族の絆を深めるスーパープロデューサーの魚画伯です。 

占いは、人生のスパイスのようなもの。

魚の占い【和価値愛カード】を一枚引きながら、浮かんだメッセージを書いていきます。

カード番号 16番 『アオリイカ(障泥烏賊)』
魚の絵 アオリイカ(障泥烏賊)/ジンドウイカ科/夏/約60㎝
イカの中で最も美味しいとされる最高級品。甘味が強く、肉厚。
このカードが出た時は
突然の大きな変化が起こっているか、もしくは間もなく起ころうとしています。

詳しくは、和価値愛カード16番『崩壊』・・アオリイカ(障泥烏賊)をご覧ください。

人に好かれたければ、自分が好きになる。

自分に好意的でないから、自分も嫌い。

相手は、自分のココロの鏡だからこそ、あなたが嫌いな人は、相手もきっと嫌っているでしょう。

でも、それだけですましてしまえば、自分の成長はとまってしまう。

崩壊のカードは、主体的な自分になるために、メッセージを送ってくれました。

 

すべては自分から

相手に笑顔で接すれば、相手も笑顔になる。

仏頂面で接すれば、相手も不機嫌な顔になる。

相手に好かれようとするまえに、自分が相手を好きなろう。

「え~、あんな人好きになれないよ」というあなたへ

本当に嫌いになる必要があるのか?

誘惑のカードが余計な解釈・フィルターを外してくれるでしょう。

好かれる人は、人が好きなのです。

最後に・・・

魚のカードを通して、お互いの本質が見えてくると、出逢う人のいいところばかり見えるようになりました。

過去の身勝手なフィルターを外してくれたのは、特に「崩壊のカード」

相手の嫌なところが見えてきたら、「まっイッカ」と受け入れれば、真の一家が見えてくる。

子供の頃、聞いた・・・「地球は一家、人類は皆兄弟!」という素晴らしい言葉がよみがえりました。

「まっイッカ」と受け入れ、好かれようとする前に、好きになろうとすれば、真(ま)一家が見えてくる!

 

お陰様で、「どこまで自分の家族であると範囲を広げられるか?」が自分の成長でもあると理解が深まりました。

笑顔も、挨拶も自分から!!


和価値愛カードは、魚の絵がはいった潮の流れカード22枚とそれをサポートする愛の羅針盤カード49枚の2種類、計71枚より構成されています。
詳しい説明は下のページより
↓ ↓

この記事が気に入ったら
いいね!してね。

最新情報をお届けします

Twitterで 魚画伯 をフォローしよう!

この記事を気に入ってもらえたら是非シェアしていただけると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です