2月28日(日)・・・自然を愛でる

魚画伯
「心機一転」今日から意識改革!!

今日も職場の教養から大切なことを学びました。人生のキャンドルサービスとして、シェアできたら嬉しいです。 

自然を愛でる

日本は四季がハッキリしています。農作物を作り、日常生活を送る上で季節の移ろいを敏感に感じとることを、昔から大切にしています。

そこで、太陽の動きを基に一年を二十四等分にして季節を表わす、中国伝来の二十四節気が用いられるようになりました。「立春(りっしゅん)」「春分(しゅんぶん)」「立夏(りっか)」「夏至(げし)」「立秋(りっしゅう)」「秋分(しゅうぶん)」「立冬(りっとう)」「冬至(とうじ)」などは、よく知られています。

季節の変化を詳細に表わすため、後に、二十四節気の各節気をそれぞれ三つに分けた、七十二候は主に動植物の様子が短い文で表わされます。「立春」を過ぎた頃は、春の訪れを感じる「黄鴬睍睆(うぐいすなく)」、五月初旬の「立夏」の頃は、初夏を知らせる「蛙始鳴(かわずはじめてなく)」など、それぞれの季節の様子が表現されています。

二月の下旬の今頃は、草木が芽吹き始める頃の意味で「草木萌動(そうもくめばえいずる)」と表わされています。春夏秋冬の移ろいや自然の恵みを感じながら、巡りくる季節を穏やかに迎えたいものです。

今日の心がけ◆季節の移ろいを感じ取りましょう

引用:職場の教養(倫理法人会)

最後に・・・

いよいよ40代最後の日も今日でおしまい。

50年間大きな病気もせず、今日まで生きられたことに感謝しています。

明日から、人生後半戦スタート。

人生の復路を懸命に走り続けますので、宜しくお願いいたします。

迷いに迷った人生の往路は、ずいぶん遠回りしてきたように感じます。

今まで関わって下さった人生前向きな皆様。

今まで、本当にありがとうございました。そして、これからも宜しくお願いいたします。

人生の後半戦であるこれからの50年。

与えられたご縁に感謝しながら、恩返しの50年にしていきます。

人生の復路を福路にするため、目の前の人の悩みを解決し、目の前の人の夢の実現に貢献しながら、ご一緒に成長できたら嬉しいです。

 

今日も人生前向きな皆様にとって、ますます素敵な日でありますように。

今日も職場の教養から大切なことを学びました。人生のキャンドルサービスとして、シェア致します。#職場の教養 #流山倫理法人会 #おいでよ流山


和価値愛カードは、魚の絵がはいった潮の流れカード22枚とそれをサポートする愛の羅針盤カード49枚の2種類、計71枚より構成されています。
詳しい説明は下のページより
↓ ↓

この記事が気に入ったら
いいね!してね。

最新情報をお届けします

Twitterで 魚画伯 をフォローしよう!

この記事を気に入ってもらえたら是非シェアしていただけると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です