真の能力を発揮するためには、自分も相手もいいところだけ見つめよう!!

魚画伯
家族の絆を深めるスーパープロデューサーの魚画伯です。 

占いは、人生のスパイスのようなもの。

魚の占い【和価値愛カード】を一枚引きながら、浮かんだメッセージを書いていきます。

カード番号 8番 『真の力』
魚の絵 アラ/スズキ科/冬/約1m
九州では、ちゃんこ鍋で有名な白身の高級魚。塩焼き・煮つけ・揚げもの・薄造りのポン酢など
このカードが出た時は
肉体に制限されないパワーを発揮する時を迎えた事を教えてくれています。

詳しくは、和価値愛カード8番『真の力』・・アラをご覧ください。

真の能力を発揮するためには、自分も相手もいいところだけ見つめよう!!

昨日の真の勝利のカードで、真の勝利に向かうためには、自分も相手も性善説でいこうというお話をさせて頂きました。

更に、そして真の勝利に向かって自分の能力や才能を発揮するためには、あいての悪いところや欠点が見えなくなるまで、いいところを見続けよと真の力のカードが教えてくれました。

相手の欠点や弱点が見えなくなるまで、とことん!!

欠点や弱点が見えなくなるまで、とことん自分や相手のいいところを発見する達人になれと真の力のカードが教えてくれています。

つい相手のあげ足をとってしまいがちになる弱い自分に、「自分もいいところしか見えないような人間になれるだろうか?」とカードに問いかけました。

  • なれるか、なれないかじゃないよ!
  • なりたいか、なりたくないかだよ!!

正直に、「なりたい」とカードに向かって宣言したら、なんだか嬉し涙のようなものが流れてきました。

 

本当の自分は、相手の欠点や弱点を見たくない。

改めて、欠点や弱点は見たくない自分がいることを再確認しました。

それは、見たくないものを見たくないという逃げではないと確信。

弱点や欠点などというものは、今の価値観に照らし合わせて、身勝手に比較・競争のレッテルをはっているに過ぎない。

氣にならなくなるまで、とことんいいところを発見。

人生はとは、いいところを発見し、苦手なところがなくなるまでいいところを伸ばすことであると教えられました。

最後に・・・

真の勝利のカードや真の能力のカードに出逢うまで、弱点や欠点を克服することが求められているのだとずっと思っていました。

人生後半戦は、性善説で、とことんいいところを伸ばす!!

わくわくしながら、自分のいいところを伸ばし、人の役に立とうとすれば、弱点や欠点など消えてなくなるのだと思えてきました。

朝から魚の和価値愛カードを引きながら、一人で、「うんうん」とうなずいてしまいました(笑)


和価値愛カードは、魚の絵がはいった潮の流れカード22枚とそれをサポートする愛の羅針盤カード49枚の2種類、計71枚より構成されています。
詳しい説明は下のページより
↓ ↓

この記事が気に入ったら
いいね!してね。

最新情報をお届けします

Twitterで 魚画伯 をフォローしよう!

この記事を気に入ってもらえたら是非シェアしていただけると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です