11月5日(木)・・・一坪のおにぎり屋

魚画伯
「心機一転」今日から意識改革!!

今日も職場の教養から大切なことを学びました。人生のキャンドルサービスとして、シェアできたら嬉しいです。 

一坪のおにぎり屋

Aさんは三十一歳の時、職業にしていたミュージシャンを辞めて、妻と二人で、おにぎり屋さんを始めました。店は一坪ほどで、テイクアウトのみです。食材を調達するための中古のオートバイだけを用意してのささやかな出発でした。

商売が軌道に乗り始めると、Aさんは〈もっと儲けたい〉と無理を押して、店員や店舗数を増やしました。その結果、多額の負債を抱えてしまったのです。

商売にも陰りが見え始め、倒産寸前まで追い込まれていき、Aさんは憔悴しました。しかし、気丈な妻から、「原点に返りましょう。また一からやり直せばいいのよ」と励まされ、Aさんは再び立ち上がる決意をしたのです。

自宅を売却し、弟に資金を借りて、一坪の店での再出発が始まりました。自分の夢と願望ばかり追いかけてきたAさんは、苦難に直面したことで、妻や周囲の支えに気づかされ、人に喜ばれる働き方をするように変わっていったのです。

Aさんにとって、苦難は、感謝する生き方を学ぶ応援団だったのかもしれません。

十年かけて借金を返済し、夫婦共に元気に、おにぎり屋を切り盛りしています。

今日の心がけ◆感謝の心を深めましょう

引用:職場の教養(倫理法人会)

最後に・・・

原点に返る。

そんな時に、奥さんの言葉は、本当にココロ強いですよね。

そんなピンチの時、「だからあなたはダメなのよ」なんて言われたら立ち上がれないですよね。

小生もいろんな経営者の方にお会いしてきましたが、社長自身も強い方が多いですが、それ以上に、社長の奥様が例外なく前向きで明るい人が多いと思います。

サポートしてくれているようで、奥様の手の上で転がされるくらいが丁度いいのかもしれませんね。

ちょっと脱線しましたが、ピンチは感謝に氣づき、チャンスに変える機会!!

今日も人生前向きな皆様にとって、ますます素敵な日でありますように。

今日も職場の教養から大切なことを学びました。人生のキャンドルサービスとして、シェア致します。#職場の教養 #流山倫理法人会 #おいでよ流山


和価値愛カードは、魚の絵がはいった潮の流れカード22枚とそれをサポートする愛の羅針盤カード49枚の2種類、計71枚より構成されています。
詳しい説明は下のページより
↓ ↓

この記事が気に入ったら
いいね!してね。

最新情報をお届けします

Twitterで 魚画伯 をフォローしよう!

この記事を気に入ってもらえたら是非シェアしていただけると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です