余計なお世話はオロシて!!秋刀魚(サンマ)の絵を描きながら・・・

「余計なお世話」このさじ加減が難しい。

相手の為になればと思ってしたことが、「自分の為だろ?」て誤解されたり・・・

自分の為に頑張っていたことが、なぜか「相手の為になっていた」なんて事もあったり・・・

大根をおろしのように、まずは自分の肩の荷をおろしましょう。

自分の為に?他人の為に?と力が入っていないかな?

人生の舞台で、主役に抜擢されたいと意氣ごむよりも、脇役でもよくない?

と焼かれた秋刀魚(サンマ)を描きながら、「力をぬこう」と教えてくれているような氣がする。

 

大根役者でありたい?

大根役者って、下手な役者さんを意味するんじゃなくて、本当は大根のようにどんなストーリーにも溶け込む役者さんなんだって。

大根は、どんな食材にもあい、決して自己主張しない。それでいて他の素材が染み込み、大根ならではの存在感充分!!

 

自分の色を出し過ぎることなく、他の人の演技を邪魔する事無く・・・

それでいて、いなくてはならない存在。

秋刀魚(サンマ)の絵を描きながら、そんな大根役者のような存在でもありたいと思えてきた。

自分の為と拘らず、他人の為と拘らず!

for you だけでもなく、for meだけでもなく・・・with youが大事!!

 

最後に・・・

秋刀魚(サンマ)の塩焼きに大根おろしを添えて、ご一緒しませんか?~with you~ 

秋刀魚(サンマ)で文章考えていたのに、いつの間にか大根の文章になっちゃった(苦笑)

この記事が気に入ったら
いいね!してね。

最新情報をお届けします

Twitterで 魚画伯 をフォローしよう!

この記事を気に入ってもらえたら是非シェアしていただけると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です