お酒の勧め方で、人間性が出る?!上手な勧め方で人間関係を深める方法とは?

魚画伯
家族の絆を深めるスーパープロデューサーの長谷川です。 

占いは、人生のスパイスのようなもの。

毎朝、魚の占い【和価値愛カード】を一枚引きながら、浮かんだメッセージを書いていきます。

お酒の席は、楽しく飲みたいもの。お酒を勧めながら、人間関係を深めたい。しかし、勧め方を間違えると人間関係が深まるどころか、傷を深めてしまいます。場合によっては、パワハラになってしまうことも。そんなお酒を勧めるときに気をつけたい言葉について、今朝も引いて受け取るメッセージを通して、答えていきたいと思います。

目標達成を諦めそうになったら心掛けたいこととは?

そんな問いかけに応えてくれたのは、13番【変容】のカードでした。

今朝の魚の和価値愛カード

和価値愛カード13番『変容』・・サワラ(鰆)

13番【変容】のカードを通して浮かんだメッセージ。

お酒の席は、人にお酒を強要する場ではありません。自分の適量を守るだけでなく、相手の適量にもあわせた席を心掛けるものです。人に強要するような勧め方では、人間関係はこじれてしまいます。

「俺の酒は飲めないって言うのか?」などとお酒を強引に勧める方法は、禁物です。最後は、パワハラで訴えられ、自分自身の立場も失うことを肝に銘じておきましょう。

「お陰様で、いいお話を聞かせて頂きました。もう一杯いかがですか?」相手の適量を気づかいながら、お酒を勧めましょう。相手のカラダを気づかいながら、勧められたらお互いに楽しい時間を過ごせそうですよね。

間違っても、「一気!一気!」なんて強要するようなお酒の勧め方はやめましょう。「今日はとことん飲もう!」相手も同じお酒の適量ならいいですが、敵量は人それぞれです。

「何を飲むかも大切ですが、誰と飲むかが大切。お陰様で今日はとても楽しいです。よかったら、もう一杯いかがですか?」この一言で、ぐっと人間関係が深まるのは間違いないでしょう。

今日のオススメの記事⇒天気が悪いと頭が痛くなる?頭痛の原因は低気圧にあった!

 

今朝のカードをよく眺めながら瞑想してみよう。

【変容】のカードを、もう一度よく眺めて下さい。

眺めれば眺めるほど、適度に楽しいお酒となるでしょう。「何のために飲んでいるのか?」いつも目的を考えてばかり飲むのは、疲れてしまいそうですが、時々、思い返してみてください。うさばらしだけのお酒は、カラダだけではく、ココロにもよくありません。

最後に・・・

今日という日をどんな一日にしたいですか?

どんな目的があっても、「お酒は楽しく飲む」ということを忘れないでください。

それが、接待の席であっても、「楽しく」という心がまえをするだけで、商談も、会社の人間関係も違ってくるはずです。

 

今日も人生前向きなあなたにとって、ますます素敵な日でありますように。

今朝のカードを眺めてから過ごしたら、「今日はこんな素晴らしいことがあった」という嬉しいご連絡お待ちしております。

魚画伯 拝


和価値愛カードは、魚の絵がはいった潮の流れカード22枚とそれをサポートする愛の羅針盤カード49枚の2種類、計71枚より構成されています。
詳しい説明は下のページより
↓ ↓

この記事が気に入ったら
いいね!してね。

最新情報をお届けします

Twitterで 魚画伯 をフォローしよう!

この記事を気に入ってもらえたら是非シェアしていただけると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA