10月13日(水)・・・心の反転

魚画伯
「心機一転」今日から意識改革!!

今日も職場の教養から大切なことを学びました。人生のキャンドルサービスとして、シェアできたら嬉しいです。 

心の反転

「明朗の心、一日も一分も曇らしてはならぬのは、人の心である」と倫理研究所の創立者・丸山敏雄は述べています。これは私たちの心のあるべき姿を示しています。誰しもが曇りのない心で日々生活したいと思っていることでしょう。

しかし、人の心はすぐに変わってしまうものです。物事が順調に進むと朗らかでいられますが、何か困ったことが起こるとすぐに暗転してしまいます。

そして、いったん心がマイナスの状態に陥ると、なかなかそこから立ち直れずにいつまでもひきずってしまうこともあります。

そのようにな時に大事なのは、ひと呼吸入れて、自分の心をじっと見つめてみることです。すると今まで見えてなかったものが、見えてくるはずです。

この時こそ、現状を真正面から受けとめられるのです。それが〈善処していこう〉と心の反転が始まる時といえるでしょう。

日々の生活は心の反転の連続です。短時間に心を切り換え、明朗の心を持ち続けられる自分になれるよう努めていきましょう。

今日の心がけ◆明朗の心を持ち続けましょう

引用:職場の教養(倫理法人会)

最後に・・・

いつでも、どこでも如何に明るく振る舞えるかが、小生の使命。

人生はキャンドルサービスのようなもの。

常に、自分のキャンドルに火を灯し続けたいです。

現状を真正面から捉えることで、不安やマイナスのエネルギーは小さくなる。真正面から捉えず、何もしないで、あれこれ考えれば、不安やマイナスのエネルギーは大きくなるだけ。

大きくなった偶像におびえることなく、目の前に光を灯せる自分でありたいです。

いつでも、明るい笑顔を忘れずにね!!

笑顔も明るいココロも伝染するのです。

今日も人生前向きな皆様にとって、ますます素敵な日でありますように。

今日も職場の教養から大切なことを学びました。人生のキャンドルサービスとして、シェア致します。#職場の教養 #流山倫理法人会 #おいでよ流山 #おいでよ柏


和価値愛カードは、魚の絵がはいった潮の流れカード22枚とそれをサポートする愛の羅針盤カード49枚の2種類、計71枚より構成されています。
詳しい説明は下のページより
↓ ↓

この記事が気に入ったら
いいね!してね。

最新情報をお届けします

Twitterで 魚画伯 をフォローしよう!

この記事を気に入ってもらえたら是非シェアしていただけると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です