いい一日にするのは誰?

いつも魚画伯のブログを見てくださり、ありがとうございます。

世界同時多発コロナ事変にも負けないようにと願いを込めて、サヨリの絵を描きました。

いい一日にするのは誰?

いい一日だと思う日も、悪い日だと思う日も同じ一日。

毎日が死に向かっている

つい忘れがちですが、一日一日が死へと向かっています。

あまり考えたくはないかもしれませんが、人間の死亡率は誰もが100%

これは誰も変えられない真実。

今日という日は、他の誰かが生きたかった日

こうしている間にも、大切な命が消えていたり、消えかかっているかもしれない。

不満を言いたくなる日があっても、他の誰かが生きたかった日かもしれない。

だからこそ、いい日にすると自分で決めよう。

いい日かどうかは、自分次第。

一日を終えて、「今日もいい日だった」と感謝しながら布団に入るのも自分次第。

一日を終えて、「今日も最悪な日だった」と愚痴をこぼしながら布団に入るのも自分次第。

今日も無事に生きられたことに、もっともっと感謝をしようよ。

「今日もいい一日だった」と思えなければ、今日という日が生きられなかった方に申し訳ない。

今日という日を笑顔で精一杯生きよう。

今日もありがとう。

よりいい一日にするかどうかは、自分次第。

あなたが一生懸命、笑顔で生きることが、生きている他の誰かや亡くなった方に届くのだと思う。

本当に届くかどうかは、分からない。

それでも、今日という日を一生懸命生きよう。今日をよかった日にしよう。

一笑懸命

一日の中で、笑顔だった時間は、何%だったかな?

頭でっかちになって、一生懸命生きるのが辛かったら、作り笑顔でもいい。

懸命生きよう。

そんな願いを込めて、サヨリの絵に載せて、あ、より一層いい一日にしよう。

最後に・・・

前回、そんな想いで、カツオの絵を描こうと思いましたが、最後の最後に、文字が滲み断念(笑)

もう一回、カツオを描き直そうとも思いましたが・・・

今回は、氣を取り直して、活を入れて、サヨリ描きました(笑)

 

サヨリの絵を今年4月スタートのツイてるカレンダーにして配ります。

笑顔の人が一人でも増えますように。

この記事が気に入ったら
いいね!してね。

最新情報をお届けします

Twitterで 魚画伯 をフォローしよう!

この記事を気に入ってもらえたら是非シェアしていただけると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です