売上が下がる時は、売上確保よりも、整理整頓!!

売上が下がったからといって、周りのお店に合わせて値下げ合戦に加わってはならない。

これは飲食店のオーナーに教わった言葉だ。

売上が下がる時は、売上確保よりも、無駄を省き、整理整頓することが大切なのだそうです。

魚画伯
家族の絆を深めるスーパープロデューサーの魚画伯です。 

占いは、人生のスパイスのようなもの。

魚の占い【和価値愛カード】を一枚引きながら、浮かんだメッセージを書いていきます。

カード番号 4番 『整理整頓』
魚の絵 サンマ(秋刀魚)/サンマ科/秋/35㎝
脂のりが命。新鮮ならワタも美味しい。塩焼き・刺身など
このカードが出た時は
感情と理性を一致させ、仕組み作りが大切な時期であると教えてくれています。

もっと詳しくご覧になりたい方は、和価値愛カード4番『整理整頓』・・ サンマ(秋刀魚)をご覧ください。

売上が下がる時は、売上確保よりも、整理整頓!!

安易な値下げ合戦に加われば、何も戦略のない企業へと墜落してしまう。

「どうすれば無駄を省けるか?」を常に問いかけよう。

今までやってきたから、今さらやめられない??

どうやって今あるメニューをすべて注文されるように考えたくなるのは人間の心情。

整理整頓のカードは、「美味しいから売れるはずだ」という思い込みを手放せと教えてくれました。

 

無駄なメニューを外して見えてくることとは?

メニューの多さを強みとするのは、大手にまかせればいい。

個人経営・中小のお店は、メニューの絞り込みにより、リピート率が高いものに特化しよう。

特化することで、その強みとなるメニューの原価率を上げてることができるのだと教えてくれた。

これは改めて、自分の仕事にも当てはまると思った。

 

原価率を上げることで、仕入れ業者にも貢献

メニューを絞り込み、食材にこだわることができれば、仕入れ業者も氣合いが入らざるを得ない。

消費者の選択肢がますます広がる世の中で、飲食お店に限らず、消費者は用途によってお店を使いわけるようになる。

弱みを克服しようとして無理をするよりも、整理してみよう。

整理とは、いるものといらないものを分ける作業だ。

整理が終わったら整頓!!

たいていの人は、整理と整頓を同時にしようとして、何が強みで、何が不要かが分からなくなってくる。

  • どんなお客さまにスポットライトを当てるか?
  • どんな自慢のメニューにスポットライトを当てるか?

今までやってきたことに無駄はない。

無駄かどうか理解を深め、見える化するためには、整理整頓が必要なのだと改めて整理整頓のカードが語りかける。

今日のオススメの記事⇒自律神経のバランスを整えた生活をするために・・・

最後に・・・

今日も出逢いに感謝。

整理整頓のカードを眺めていたら、飲食業のオーナーから教わった大切なメッセージがよみがえってきました。

「原価は、40%以上にしないとお客さんはついてきてくれない」と言っていました。

「美味しいから売れるはずだ」は、お店側の思い込みであり、「売れるから美味しいんだ」という言葉も衝撃的でした。

子供の頃に読んだ「強い者が勝つんじゃなくて、勝った者が強いんだ」というセリフと被る(苦笑)

 

商品力で売れると思っていた30代。

「今も将来も役に立つ話」を通して今の自分ができることに集中しよう。

改めて、「何でもやります」と欲張らずにすむのは、時々シャッフル中に出てくる「整理整頓」のカードのおかげかもしれません。

 

今日も人生前向きな皆様にとって、あなたの強みを活かしながら素敵な日でありますように。


和価値愛カードは、魚の絵がはいった潮の流れカード22枚とそれをサポートする愛の羅針盤カード49枚の2種類、計71枚より構成されています。
詳しい説明は下のページより
↓ ↓

この記事が気に入ったら
いいね!してね。

最新情報をお届けします

Twitterで 魚画伯 をフォローしよう!

この記事を気に入ってもらえたら是非シェアしていただけると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です