仕事がつまらないと感じたら下足番の話を思い出そう!!

仕事がつまらないと感じたら、小林一三さん(阪急東宝グループ創業者)の言葉を思い出そう。

「仕事がつまらない」「自分のつまらない仕事は、そのうちAIに取られてなくなる」と悩みをかかえる方とおっしゃる方も多いですよね。

そんな時は、営業の先輩から教わった「下足番の話」をお伝えしています。

犠牲のカードを引きながら、ふっと思い出したので、「仕事がつまらない」とお悩みの方に届いたら嬉しいです。

魚画伯
家族の絆を深めるスーパープロデューサーの魚画伯です。 

占いは、人生のスパイスのようなもの。

魚の占い【和価値愛カード】を一枚引きながら、浮かんだメッセージを書いていきます。

カード番号 12番 『犠牲』
魚の絵 サバ(鯖)/サバ科/秋/約50㎝
締めサバ・みそ煮・塩焼き・竜田揚げ・京都のサバ寿司・福井のサバのなれ寿司
サバの生き腐れという言葉があるほど、傷みやすい魚。背の文様が綺麗。
このカードが出た時は
自分の成長を妨げているのは何かを見つめなおす必要があると教えてくれています。

詳しくは、和価値愛カード12番『犠牲』・・サバ(鯖)をご覧ください。

仕事がつまらないと感じたら下足番の話を思い出そう!!

下足番を命じられたら、日本一の下足番になってみろ。そうしたら、誰も君を下足番にしておかぬ。

出典:小林一三・阪急阪神東宝グループ創業者

 

つまらない仕事はひとつもない。

今の仕事はつまらない?

もしそうだとしたら、仕事をつまらなくしている人間がいるだけなんだと犠牲のカードが教えてくれました。

今、目の前の仕事にわくわくできなかったら、自分を自分で犠牲者にしてしまうだけだ。

まわりに「自分はチャンスがもらえない」と嘆く人はいませんか?

自分も弱ってくるとついそんな言葉を言いたくなってしまう。

 

でもそんな時は、必ずっていうほど、「犠牲」のカードがちゃんと朝一飛びだしてくれるのだ。

反省・・・反省・・・

自身をなくして、くじけそうになった時、いつも見てくれている先輩に改めて感謝の氣持ちでいっぱいです。

そんな時に言われるのは、「長谷川ちゃんのことは、必ず見ている人はいるから」

このセリフは、その場しのぎの単なる慰めの言葉ではない。

今なら分かる・・・真実の言葉であると!!

たとえつまらない仕事のように思ってしまっても、ベストを尽くせば、道は必ずひらく。

そして、どんなにいい仕事であっても、有頂天になったり、手をぬけば、道は閉じる。

 

目の前のことを一笑懸命

下足番でも何でもいい。

本当は、下足番ってとても大切な仕事であるはずなのですが・・・

どんな仕事も、すべて繋がっている。

一生懸命、笑顔で明るく一笑懸命!!

豊臣秀吉が、織田信長の下足番を一生懸命極めようとしたからこそ、出世できたのだろうと思う。

自分の機嫌をとるのも自分。

仕事を面白くするのも、つまらなくするのも、全部自分。

犠牲のカードを眺めながら、教わってきた先輩の言葉がより一層深まってきました。

今日のオススメの記事⇒夜、足がつるのは、自律神経のアンバランス? 自律神経が乱れると、どうしてふくらはぎが硬くなるの?

最後に・・・

そんなに不平や不満を言っていないつもりでも、犠牲のカードが出るということは、ちょっと負のオーラを出していたのかな?

と氣づかされる。

反省・・・反省・・・

もちろん、「反省はしても、後悔はしない」

今日も、大切なことに氣づけて感謝の氣持ちでいっぱいです。

こんな時は、下足番の話を教えてくれた先輩に会いに行こうっと!!

 

今日も人生前向きな皆様にとって、ますます素敵な日でありますように。


和価値愛カードは、魚の絵がはいった潮の流れカード22枚とそれをサポートする愛の羅針盤カード49枚の2種類、計71枚より構成されています。
詳しい説明は下のページより
↓ ↓

この記事が気に入ったら
いいね!してね。

最新情報をお届けします

Twitterで 魚画伯 をフォローしよう!

この記事を気に入ってもらえたら是非シェアしていただけると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です