言いがかりをつけられたときの対応は、最初に相手の話を聞くこと!その訳とは?

魚画伯
家族の絆を深めるスーパープロデューサーの長谷川です。 

占いは、人生のスパイスのようなもの。

毎朝、魚の占い【和価値愛カード】を一枚引きながら、浮かんだメッセージを書いていきます。

身に覚えのないことで言いがかりをつけられたら、つらいですよね。でもそんな時、どう反応しますか?「言いがかりをつけられて、いち早く誤解を解きたい!」「言いがかりをつけた相手に文句を言いたい!」と感情的になれば、泥沼になるのは目にみえています。自分の正当性を守りながら、どう言いがかりを解消するか?今朝も引いて受け取るメッセージを通して、答えていきたいと思います。

言いがかりをつけられたときの対応は、最初に相手の話を聞くこと!その訳とは?

そんな問いかけに応えてくれたのは、12番【犠牲】のカードでした。

今朝の魚の和価値愛カード

和価値愛カード12番『犠牲』・・サバ(鯖)

12番【犠牲】のカードを通して浮かんだメッセージ。

「言っている意味がよくわからないけど、もう少し詳しく教えてくれる?」と一旦相手の感情を受け止めて、聞くという姿勢をとりましょう。相手の感情をなごませる前に言いがかりに反応すれば、相手のペースに巻き込まれ、本当の自分を見失ってしまうでしょう。

「そんな言いがかりはやめろよ!」と相手の感情に反応すれば、火に油を注ぐようなものです。犠牲のカードを眺めながら、自分が犠牲になているという思い込みから自由になることも大切です。

「話の出所はどこ?もう少し、事実確認させてよ」と相手の憤慨を受け止めることが大人として問われる対応です。

「言いがかりもいいところだ。あんたの方こそ問題があるんじゃないか?」と責めている相手に自分が責め始めてしまえば、まとまるはずのものも、まとまりません。「せっかくあんたのためにやってやったのに、そんな言い方ないじゃないか!」と怒りをあらわにしたり、ひがんだりしても、相手の誤解は強まるばかりです。

言いがかりをつけられたら、まずは相手の話をよく聞くこと。聞こうとする姿勢が大切なんです。

今日のオススメの記事⇒うっ血と充血の違い、ご存知ですか?

 

今朝のカードをよく眺めながら瞑想してみよう。

【犠牲】のカードを、もう一度よく眺めて下さい。

眺めれば眺めるほど、犠牲という思い込みから自由になり、大人としての対応ができるようになります。自分の誤解が晴れればいいという考えを捨てて、一緒に問題を解決するんだという強い意志が必要です。

眺めれば眺めるほど、怒りや悲しみから解放される。

最後に・・・

今日という日をどんな一日にしたいですか?

今日は、とんだ言いがかりに出くわすかもしれません。

でも、本当の自分を信用していれば、誤解なら晴れます。誤解でなければ晴れませんが(笑)

人のうわさも四十九日!

相手の言っていることをよく聞き、一緒に解決しようというココロをお忘れずにいれば、大丈夫!!

 

今日も人生前向きなあなたにとって、ますます素敵な日でありますように。

今朝のカードを眺めてから過ごしたら、「今日はこんな素晴らしいことがあった」という嬉しいご連絡お待ちしております。

魚画伯 拝


和価値愛カードは、魚の絵がはいった潮の流れカード22枚とそれをサポートする愛の羅針盤カード49枚の2種類、計71枚より構成されています。
詳しい説明は下のページより
↓ ↓

この記事が気に入ったら
いいね!してね。

最新情報をお届けします

Twitterで 魚画伯 をフォローしよう!

この記事を気に入ってもらえたら是非シェアしていただけると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA