6月21日(月)・・・日本の四季

魚画伯
「心機一転」今日から意識改革!!

今日も職場の教養から大切なことを学びました。人生のキャンドルサービスとして、シェアできたら嬉しいです。 

日本の四季

本日は、一年で最も昼の時間が長い「夏至(げし)」です。

北半球では今日を境に徐々に日が短くなり、半年後には冬至(とうじ)を迎えます。日本は地理的に中緯度にあるため、夏至と冬至で日照時間の違いは比較的小さく、その差は四時間程度です。

それに対して、北欧など日本より北に位置する国では、日照時間が夏と冬で十時間以上戦うという国々もあります。そのため、夏と冬で異なる時間(夏時間と標準時)を使い分けている国も多くあるのです。

日本の気候は温帯で、はっきりとした四季が存在します。日本以外にも四季を持つ国はありますが、日本人は特に四季を尊ぶ民族として知られます。

その理由の一つとして挙げられるのが、日本人は遥か昔から農耕をなりわいとして栄えてきたからです。私たちの祖先は季節が移ろうことを当たり前と考えず、自然の恵みへの感謝を祭りや年中行事などの文化に表しました。

現代を生きる私たちも四季の巡りを実感し、自然の恵みに感謝したいものです。

今日の心がけ◆季節の移ろいを感じましょう

引用:職場の教養(倫理法人会)

最後に・・・

夏大好き少年の魚画伯は、日照時間が長くなっていくこの季節が嬉しい。

これからどんどん本格夏に向けて暑くなっていくのに、夏至を境に日が短くなっていくのは、子供の頃不思議であり、日が短くなっていくのを物悲しく感じる今日この頃。

小生の住む町は、豊かな四季と書いて、豊四季(とよしき)

昔からこの地名が好きです。

改めて、今朝の職場の教養を読み返しながら、豊かな季節に感謝したいと思います。

だんだん日本でも季節感がなくなってきましたが、改めて地球環境にももっと意識を向け、今、自分ができることに意識を集中して、実践します。

今日も人生前向きな皆様にとって、ますます素敵な日でありますように。

今日も職場の教養から大切なことを学びました。人生のキャンドルサービスとして、シェア致します。#職場の教養 #流山倫理法人会 #おいでよ流山 #おいでよ柏


和価値愛カードは、魚の絵がはいった潮の流れカード22枚とそれをサポートする愛の羅針盤カード49枚の2種類、計71枚より構成されています。
詳しい説明は下のページより
↓ ↓

この記事が気に入ったら
いいね!してね。

最新情報をお届けします

Twitterで 魚画伯 をフォローしよう!

この記事を気に入ってもらえたら是非シェアしていただけると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です