6月22日(火)・・・ジューンブライド

魚画伯
「心機一転」今日から意識改革!!

今日も職場の教養から大切なことを学びました。人生のキャンドルサービスとして、シェアできたら嬉しいです。 

ジューンブライド

本格的な夏へと向かうこの月は、梅雨で幾日にも亘って雨が降り続く時期でもあります。気分が晴れないという人もいるかもしれません。

一般的に六月の花嫁を意味する「ジューンブライド」は、ヨーロッパに起源があり、日本でも浸透している言葉です。

ジューンブライドの起源はいくつかあり、最も有名な説が、ローマ神話の女神・ジュノーを由来とするものです。ローマ神話では、六月が結婚や女性の守護神・ジューノの月とされ、この月に結婚した花嫁は幸福になるといわれます。

そのほかにも、六月は農繁期が過ぎた時期であることや、ヨーロッパでは雨が少なく結婚式に適した時期のため、という説があります。

しかし、一概に雨を嫌ったわけはなく、フランスでは雨粒を神様が遣わした天使として、「雨の日の結婚式は幸福をもたらす」ともいわれるそうです。

各国の慣習に目を向け、新たな考えを吸収してみると、心の梅雨も晴れるかもしれません。

今日の心がけ◆世界各地の慣習に目を向けましょう

引用:職場の教養(倫理法人会)

最後に・・・

ジューンブライドは、単に売り上げが下がる梅雨の時期に、ブライダル業界が考えた苦肉の策にしか思っていませんでしたが、いろんな説や慣習があるんですね。

雨には雨のよさを楽しむ。

いろんな慣習に触れることで、前向きにとらえていきたいですね。

今日も人生前向きな皆様にとって、ますます素敵な日でありますように。

今日も職場の教養から大切なことを学びました。人生のキャンドルサービスとして、シェア致します。#職場の教養 #流山倫理法人会 #おいでよ流山 #おいでよ柏


和価値愛カードは、魚の絵がはいった潮の流れカード22枚とそれをサポートする愛の羅針盤カード49枚の2種類、計71枚より構成されています。
詳しい説明は下のページより
↓ ↓

この記事が気に入ったら
いいね!してね。

最新情報をお届けします

Twitterで 魚画伯 をフォローしよう!

この記事を気に入ってもらえたら是非シェアしていただけると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です