3月25日(木)・・・敬意を払って、さん付けで呼ぶ人、呼び捨てにする人、あなたはどっち?

魚画伯
「心機一転」今日から意識改革!!

今日も職場の教養から大切なことを学びました。人生のキャンドルサービスとして、シェアできたら嬉しいです。 

敬意を払って、さん付けで呼ぶ人、呼び捨てにする人、あなたはどっち?

敬意の循環

皆さんは、会社で働く人をどのように呼んでいるでしょうか。

A社で働くIさんは、仕事を指示する際、呼び捨てにしたり、「おまえ」と呼ぶのが癖です。そうした言葉遣いから、誤解を生んでしまうこともありました。

そのようなある日、社長から「我が社では、呼び捨てを禁止する」と全体会議で伝えられました。〈自分のことではないか〉とIさんはハッとしました。

以来、A社では先輩後輩、男女を問わず、「〇〇さん」と呼ぶルールとなりました。その後、社内全体で相手に敬意を示す風潮が形成されていったのです。

Iさん自身も、年下や部下であっても、敬意を払って「〇〇さん」と呼んで、一呼吸おいてから仕事を依頼するようになったのでした。

すると、次第に、Iさんと社員の間にあった距離感は解消されていきました。お客様からも、「社内の雰囲気がいいですね」と言われるまでに変貌したのです。

職場でも家庭でも相手に敬意を示すことは、良き人間関係を構築する基本です。敬意を払って、相手を呼ぶように心がけていきましょう。

今日の心がけ◆敬意を持って相手を呼びましょう

引用:職場の教養(倫理法人会)

最後に・・・

氏名は使命。

そのことに氣がつくようになってから、小生は極力、下の名前で呼ぶようにしています。なぜなら、下の名前は使命を表わし、相手にとって最も大事なメッセージだからです。

極力と書いたのは、全員が全員、下の名前でや呼べないときがあるからです。氣持ちは、全員下の名前で呼びたいのですが・・・

初対面で、いきなり下の名前でお呼びしたら、親しみを込めたというよりも、「馴れ馴れしい」と思われてしまう段階があるので、氣をつけています(苦笑)

名前は大事といつも意識していますが、改めて今朝の職場を読み返しながら、もっともっと敬意を払いながら、親しみを込めて、名前を呼びたいと思います。

今日も人生前向きな皆様にとって、ますます素敵な日でありますように。

今日も職場の教養から大切なことを学びました。人生のキャンドルサービスとして、シェア致します。#職場の教養 #流山倫理法人会 #おいでよ流山 #おいでよ柏


和価値愛カードは、魚の絵がはいった潮の流れカード22枚とそれをサポートする愛の羅針盤カード49枚の2種類、計71枚より構成されています。
詳しい説明は下のページより
↓ ↓

この記事が気に入ったら
いいね!してね。

最新情報をお届けします

Twitterで 魚画伯 をフォローしよう!

この記事を気に入ってもらえたら是非シェアしていただけると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です