1月3日(日)・・・思いを込める

魚画伯
「心機一転」今日から意識改革!!

今日も職場の教養から大切なことを学びました。人生のキャンドルサービスとして、シェアできたら嬉しいです。 

思いを込める

日本には、新年に年賀状で挨拶をするという文化があります。

昨今では、「年賀状離れ」という言葉も聞かれるようになりました。しかし、国民一人当たりにすると、数十通の年賀状をやり取りしたことになるようです。

パソコンで年賀状を作成する際も、宛名やデザイン、手書きでメッセージを添えるなど、電子メールやSNSに比べると手間も時間がかかることも事実です。

それでも、未だに、手間と思いが込められた年賀状の文化がなくならないのは、デジタルとは一味違った温もりを感じられるからかもしれません。

それは、遠く離れている相手との一年に一度のやり取りで、互いの関係を途絶えさせることなく、つなぎとめるという大きな役割があるからでしょう。思いの込められた年賀状は、受け取った人の心に響くものとなるのです。

日頃、電子メールやSNSでメッセージを送る時も、相手のことを思い、受け取った人が喜ぶような工夫をしてみてはいかがでしょう。

そうした思いや工夫は、きっと相手との距離を縮めてくれることでしょう。

今日の心がけ◆相手が喜ぶメッセージを届けましょう

引用:職場の教養(倫理法人会)

最後に・・・

業務用の返信などつい、事務的に送ってしまいますが、今朝の職場の教養を読みながら、改めて、思いを込めることについて、深く考えさせられました。

どんな言葉にも、どんな挨拶にも、もっともっと思いを込めて、事にあたります。

今日も人生前向きな皆様にとって、ますます素敵な日でありますように。

今日も職場の教養から大切なことを学びました。人生のキャンドルサービスとして、シェア致します。#職場の教養 #流山倫理法人会 #おいでよ流山


和価値愛カードは、魚の絵がはいった潮の流れカード22枚とそれをサポートする愛の羅針盤カード49枚の2種類、計71枚より構成されています。
詳しい説明は下のページより
↓ ↓

この記事が気に入ったら
いいね!してね。

最新情報をお届けします

Twitterで 魚画伯 をフォローしよう!

この記事を気に入ってもらえたら是非シェアしていただけると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です