プロテインは、健康に逆効果?肝臓や腎臓に与える強烈なダメージとは?

ジムに通って、かっこいい男性・あこがれの女性を目指したいですよね。

でも「筋トレにはプロテインの摂取が本当に必要?」

日常的にプロテインを摂取している、もしくはこれからプロテインを飲み続けようとしているあなたへ。

ちょっと待ってください。もし本当に「やせたい」「健康的になりたい」と目指すのなら、プロテインの過剰摂取にご注意!

内臓調整療法師として、プロテインの過剰摂取による内臓へのダメージについてお話していきます。

プロテインは、健康に逆効果?肝臓や腎臓に与える強烈なダメージとは?

筋肉を作るためには、タンパク質は必要です。

そして、生きていくためにもカラダにはタンパク質は大切なもの。

筋トレの効果をあげるには、プロテインでタンパク質を効果的に摂取したいと思っている人は多いですよね。

しかし、人工的に作られた高濃度タンパク質のプロテインは、肝臓や腎臓の負担となり、とても健康的なものとは言えないのです。

高タンパク質が腎臓に与える悪影響

過剰に摂取されたタンパク質によって、カラダの中では尿素窒素などの毒素を濾過(ろか)するために、腎臓が疲れてしまうんです。

尿素窒素とは、血液のなかの尿素に含まれる窒素成分のことで、蛋白質が利用された後にできる残りかすです。

引用:一般社団法人日本衛生検査所協会

腎臓は、残りかすを処理するために、大変なんですよ。

 

高タンパク質が肝臓に与える悪影響

カラダから窒素などの毒素を排出するには、腎臓だけでなく、肝臓の助けも必要なんです。

腎臓に毒素を排出せよと指令を出したり、大忙し!

残りかすを処理するために、肝臓も腎臓も疲れてしまうんです。

 

更に、知っておいて欲しいのは、飢餓状態のときの肝臓への影響。

筋トレの後は、エネルギーを消費して、カラダは飢餓(きが)状態。

飢餓状態から、カラダの中で、まず最初に守らなければならないのは、肝臓。筋トレの後や朝起きた時、最初に口にするものは、真っ先に肝臓へ摂りこまれる。

お腹がすいている状態で、最初に何を口にするかは、本当に大切なんです。

そんな筋トレの後、いきなり高タンパク質なプロテインがカラダに入ってきたら、肝臓は悲鳴を上げているでしょう。

 

食べる順番が大事。

写真引用:おまかせ料理守門(すもん)さん

ダイエットには、食べる順番が大事であると意識し始める人も増えてきましたよね。

  1. 野菜
  2. タンパク質
  3. 糖質

この順番が大切なんです。

タンパク質を自然に摂取したいのなら、イソフラボンを多く含む豆乳がオススメ!

内臓調整療法師会では、朝起き、一番は、牛乳ではなく豆乳がいいと教えられました。特にオススメなのは、豆乳青汁きな粉を混ぜて飲む。是非お試しあれ。

食べる順番をもっと知りたい方は、和食のプロに聞くとよいでしょう。

 

特にプロテインを中断した方がいいと思われる人

日頃から、食事のコントロールをしないで、やみくもにプロテインを摂取する人は、注意が必要です。

仕事がら、専門知識を持ち、ボディビルの大会に優勝するため、格闘技など絶対に筋肉をつけておかなければならない人は、止むをえませんが、健康のためにという安易な考え方の人には、プロテインは不要です。人工的なもので、過度にタンパク質を摂るのは不自然であり、肝臓や腎臓の負担になるのですから、控えましょう。

どうしてもタンパク質を積極的に摂りたいのなら、鳥のササミや大豆などの豆類がいいでしょう。その場合には、良質なものを選んでくださいね。

 

その中でも特に注意して欲しい人は、未成年の人たちです。

「運動のパフォーマンスをあげたいため」「まわりの人よりも体格をよくしておきたい」

焦る気持ちは分かります。しかし、未成年は、まだカラダも成長段階であり、肝臓はまだ未発達なのです。沈黙の臓器と言われる肝臓を発達中に疲労させれば、大人になってからの長い人生、影響は少なくありません。

 

内臓調整療法を受けにくる人で、「日頃からプロテインを摂取している」という人は、風邪をひきやすい・腰がつらいと訴える方が少なくはありません。肝臓や腎臓の疲労を疑わざるを得ないでしょう。

 

最後に

いかがでしたでしょうか?

基本的は何事も、ほどほどが大切だということです。

プロテインは、人工的なものであり、お手軽で便利な裏には、過剰な摂取は、腎臓を疲労させてしまう。

そして、肝腎(かんじん)という言葉があるように、肝臓と腎臓は常に連携しています。濾過(ろか)装置である腎臓に毒素をカラダから出せと指令を出すのは肝臓です。内臓調整療法を受けにいらっしゃる方で、「日頃からプロテインを摂取している」という人に浮腫み(むくみ)が多いと感じるのは、なぜか?これからも、検証していきたいと思います。

カラダに必須なタンパク質も摂りすぎれば、生命維持装置とも言われる肝臓・腎臓に負担をかけて、健康に悪影響。摂り過ぎないようにしたいものです。タンパク質は、人工的なものではなく、自然な食事から摂りましょう。

プロテインの過剰摂取は、健康的になるどころか、ぽっこりお腹の原因となってしまうこともお忘れずに。

この記事が気に入ったら
いいね!してね。

最新情報をお届けします

Twitterで 魚画伯 をフォローしよう!

この記事を気に入ってもらえたら是非シェアしていただけると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA