肝臓の機能と働きをご存知ですか? アルコールの分解だけではない驚く機能とは?

肝臓の機能と働きは、アルコールの分解だけではないのをご存知ですか?

「沈黙の臓器」と呼ばれる肝臓。ゆえに何も自覚症状なく、肝臓の疲労や機能低下は進みやすいもの。

肝臓そのものに自覚症状はなくても、内臓からの叫びは、肩こりや腰痛にも出てきているのものです。

 

私は、お酒飲まないから関係ない?

実は、肝臓は生命維持装置!!アルコールの分解以外にも様々な機能と役割があります。

今回は、肝臓の驚くべき機能と働きについて、お話していきます。

肝臓の機能と働きは、5つをご紹介!!

肝臓の機能と働きは、500以上とも言われているます。肝臓は常に大忙し!!

内臓調整療法師として、主に大切な5つの機能についてご紹介致します。

カラダに入って来た物質の代謝

消化管と呼ばれる小腸などから消化・吸収された栄養素を代謝(分解や合成)をしています。

腸から吸収されたアミノ酸などの物質から、カラダに必要なたんぱく質や脂質を作りだしています。

運ばれてくるのは、アルコールだけではなく、食べ物から加工された栄養素を処理するのに大忙し。つまり、お酒を飲まなくても、食事をすれば、肝臓は一生懸命働いているので、多かれ少なかれ疲労しているのです。

たんぱく質を効率よく摂取するためにプロテインを飲む方は、肝臓の負担にもなるので、摂りすぎにご用心!プロテインは、健康に逆効果?肝臓や腎臓に与える強烈なダメージとは?

 

解毒作用

消化管から運ばれてくるのは、必要な栄養素ばかりではありません。カラダにとって不要な毒素(病原菌や薬物)も運ばれてくるのです。肝臓は、これらの毒素を無害にするために働いています。これを解毒作用といいます。

アルコールだけではく、アンモニアなどカラダにとって有害となる毒素を尿素に変えたりしています。肝臓が無害な物質に変えてくれているからこそ!!私たちは生命を維持できるのです。

 

胆汁(たんじゅう)の生成

胃から食べ物が十二指腸に流れたとき、消化を助ける酵素、胆汁が必要となります。肝臓は、消化に必要な胆汁を作ってくれているのです。胆汁と膵臓(すいぞう)で作られた膵液(すいえき)と共に脂肪の分解をしているのです。

肝臓で作られた胆汁は、一度胆のうと言われる袋に貯蔵されます。胆のうから十二指腸に流れる管は、とても細いため、脂質の多い食生活の方は、脂質でつまってしまい、その細い管(胆管)がつまりやすくなってしまいます。うまく胆汁を出せないと膵臓がその分をカバーしようとして、より膵液を出そうとして、膵臓が疲れてしまうんです。

胆管(たんかん)を日頃から詰まらせないように、日頃から脂質の摂りすぎに注意したいものです。

内臓調整療法では、肝臓や胆のうの辺りをめがけて、微振動を送ることで、胆汁を出しやすくするお手伝いをしています。

 

エネルギーの貯蔵

脳に必要なエネルギーをいつでも送れるように、エネルギーを蓄えておくことも、肝臓の大切な機能です。食生活の乱れや、いつもイライラ、怒りを感じていると肝臓のダメージに必要なエネルギーを蓄えることができなくなってしまします。そうなると脳に必要なエネルギーが運ばれなくなってしまい、更にイライラするなど負の連鎖にならないように、肝臓を労わっておきたいものです。

 

カラダ全体の血液の量を配分

カラダの血液の量が多いと肝臓が感じたら、腎臓に「尿として出せ」と指令を出します。尿として水分を出すことでカラダの中の血液の量を調整するのも肝臓の大切な機能と働きです。

脚のむくみなどを解消したいと足のオイルコースを希望される方も多いですが、一時的に足の血液・水分を上昇させても、肝臓の機能が低下したままでは、すぐに古く汚れた血液が脚に戻ってしまいます。肝臓の機能を上げて、解毒した後の綺麗な血液を全身に戻してあげたいものです。

よく足がつる人は、夜、足がつるのは、肝臓の機能が低下している? ふくらはぎと肝臓との関係、徹底検証!もご覧ください。

 

最後に・・・

最後まで読んで下さり、ありがとうございます。

いかがでしたでしょうか?

アルコールの解毒だけではなく、日頃から愚痴も言わずに大忙しな肝臓に、感謝したくなってきませんか?

今回は、肝臓の機能と働きについてお話させて頂きました。

  1. 代謝機能
  2. 解毒作用
  3. 胆汁の生成
  4. エネルギーの貯蔵
  5. カラダ全体の血液量の配分調整など

あなたが何気なく口にした食べ物も、カラダの中に入れば、肝臓を通して、あなたのカラダの一部となっていくのです。

何を食べるかも大切ですが、食べる順番も気にしてみましょう。

 

肝臓の機能低下は、初期の段階では、沈黙の臓器と言われるように、ほとんど自覚症状がありません。

しかし、自律神経との関連性が分かってくるとカラダの歪みやコリ・痛みなどは、内臓の機能低下に関係していることが分かります。

内臓調整療法師会の先生など専門家に指導を仰ぎながら、肝臓に負担のかけない食生活を心掛けましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!してね。

最新情報をお届けします

Twitterで 魚画伯 をフォローしよう!

この記事を気に入ってもらえたら是非シェアしていただけると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です