いや・でも・・・と否定の言葉で会話していませんか?

自分の会話の癖は、なかなか自分では氣づきにくい。

会話は、自分の主張をするためだけにあるのではないと自覚しよう。

つい、「いや」とか「でも」など相手を否定する言葉、使っていませんか?

どんなに自分の主義・主張が正しいと思っていても、(そんなに自分だけが正しいということは悲しいほど少ない)、否定する言葉から入ってしまえば、真の意味では会話は成立しない。相手をいらだたせるだけで、それはコミュニケーションとは言えない。

会話は、感謝とハーモニーが大事であると鱧(ハモ)が教えてくれました。

最後に・・・

人生は、教えることよりも、教わることが多いですよね。

いくつになっても、成長し続けたい。

そんなとき、「いや」「でも」と否定語から入ってしまえば、学びの機会は、どんどん失われる。

 

「いや、でも、そんな否定語使わないよ」というあなた・・・

すでに、使っている(苦笑)

 

意識していようが、無意識だろうが、否定語で始める人は、多い。

改めて、ハモを眺めながら、「そうですよね」と肯定語から入る訓練をしようと思う。

いつも、否定語から入ってしまう習慣の方は、ハモががぶっと噛みに行きますよ(笑)

今日も人生前向きな皆様にとって、ますます素敵な日でありますように。


和価値愛カードは、魚の絵がはいった潮の流れカード22枚とそれをサポートする愛の羅針盤カード49枚の2種類、計71枚より構成されています。
詳しい説明は下のページより
↓ ↓

この記事が気に入ったら
いいね!してね。

最新情報をお届けします

Twitterで 魚画伯 をフォローしよう!

この記事を気に入ってもらえたら是非シェアしていただけると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です