10月18日(月)・・・遡上(そじょう)

魚画伯
「心機一転」今日から意識改革!!

今日も職場の教養から大切なことを学びました。人生のキャンドルサービスとして、シェアできたら嬉しいです。 

遡上(そじょう)

秋の味覚といえば、柿、栗、きのこ類などたくさんあります。中でも鮭は、産卵期の脂がのったものは「秋味」と呼ばれるほど、秋に馴染みのある魚です。

鮭は川で生まれ、その後は海で数年過ごし、産卵のために再び生まれ故郷の川へと戻ってきます。流れをさかのぼることを「遡上」と呼びます。

遡上の際には、川の急流や段差、クマのような捕食動物尾出没するため、途中で力尽きて命を落とす鮭も多く、回帰率は一%前後といわれます。

鮭は、カラダに傷を負いながら、必死に目的地の産卵場所を目指し、産卵が終わるとその生涯を終えます。

厳しい自然の中で生き抜くその姿から、「困難な状況でも決してあきらめない」、ダイナミックに泳ぐ姿から「力強く何事にも取り組んでいく」というような学びを得ることもできるでしょう。

自然から学ぶことは案外忘れがちです。改めて自然に目を向け、その姿から逆境に負けない姿勢を学ぶ意識を持ちたいものです。

今日の心がけ◆自然から学ぶ意識を高めましょう

引用:職場の教養(倫理法人会)

最後に・・・

回帰率1%

すごい確率ですね。

鮭を味わいながら、与えられた命に感謝したい。

決して諦めない鮭の姿を思い出し、今日も張り切っていきます。

今日も人生前向きな皆様にとって、ますます素敵な日でありますように。

今日も職場の教養から大切なことを学びました。人生のキャンドルサービスとして、シェア致します。#職場の教養 #流山倫理法人会 #おいでよ流山 #おいでよ柏


和価値愛カードは、魚の絵がはいった潮の流れカード22枚とそれをサポートする愛の羅針盤カード49枚の2種類、計71枚より構成されています。
詳しい説明は下のページより
↓ ↓

この記事が気に入ったら
いいね!してね。

最新情報をお届けします

Twitterで 魚画伯 をフォローしよう!

この記事を気に入ってもらえたら是非シェアしていただけると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です