「何を言われるかも大切ですが、誰に言われるかが大切!!」をもう一度考えなおしてみた。

言っている内容がもっともな内容であっても・・・

聞いている側が、「あんたに言われたくはない」という氣持ちが少しでもあれば、相手に届かないですよね。

「何を言われるかも大切ですが、誰に言われるかが大切!!」ですよね。

魚画伯の口癖「何を食べるかも大切ですが、誰と食べるかが大切!」とかぶる(笑)

「あんたに言われたくないよ」と言われないためには、言う人の言葉と行動が一致している事が大切ですが、言葉と言葉が一致していることも大切なのであると誘惑のカードが教えてくれました。

魚画伯
家族の絆を深めるスーパープロデューサーの魚画伯です。 

占いは、人生のスパイスのようなもの。

魚の占い【和価値愛カード】を一枚引きながら、浮かんだメッセージを書いていきます。

カード番号 15番 『誘惑』
魚の絵 サヨリ(針魚・細魚)/サヨリ科/春/約35㎝
外見の美しさに似合わず、腹腔膜がまっ黒で、腹黒い女と例えられる。
刺身・椀種・天ぷら・一夜干しなど
このカードが出た時は
本当の自分から遠ざかろうとする自我の誘惑に氣をつけよう。

詳しくは、和価値愛カード15番『誘惑』・・サヨリ(針魚・細魚)をご覧ください。

何を言われるかも大切ですが、誰に言われるかが大切!!

「言っている内容が正論であっても、あんたに言われなくない」という氣持ちが少しでもあれば、説得力はなくなる。

自分の悪いところを認めずに、正論で相手を説得しようとすれば、単なる屁理屈であると誘惑のカードは警告してくれた。

悪いところを認めても、決して自虐的になってはならない。

尊敬している先輩やお客様は、みんな自分の悪いところは、ちゃんと認め、そこから反省し教訓として活かせる人ばかりです。

そんな人生前向きで魅力的な人から教わるのは、「反省はしても後悔はしない」という生き方!

成功している時よりも、失敗している時こそチャンスやヒントはいっぱいなのだ。

 

勝てば官軍と言うけれど・・・

勝てば官軍と言うけれど・・・成功事例は千差万別!!

その時にはあてはまっても、今は当てはまらない場合も多い。

しかし、失敗する例はそんなにないかもしれない。

事業が成功しているからと言って、なりふり構わずでは誰も近づかない。

たとえ近づいてきてくれたとしても、損得勘定で一時的に近寄ってくれたに過ぎない。

自分の悪いところを認め、常に軌道修正できる柔軟さを持ちたい。

失敗談から学び、相手にも同じ失敗を繰り返してほしくないという思いが、言葉に宿るのだろうと思います。

勝っている時こそ、横柄にならず。負けている時こそ、卑屈にならず。

今日のオススメの記事⇒高血圧の症状と薬に頼りすぎない対処法5つ

最後に・・・

横柄な人の言葉は聞きたくない。

だからと言って、卑屈な人の言葉も聞きたくはないですよね。

 

謙虚と卑屈は混同されやすい。

謙虚になろうとしているつもりが、いつの間にか自虐的になっていることがある。

 

謙虚になろうとし過ぎる誘惑で、卑屈になっていないか?

卑屈の裏返しで、自分を偽り横柄になろうとしていないか?

 

誘惑のカードが、「どんなに正論を並べても、相手には横柄や卑屈はバレているよ」と警告する。

何を言うかも大切ですが、誰が言うかが大切。

あこがれの人が言うセリフをまねただけでは、メッキが剥がれやすい。

剥がれないように、更にメッキで塗り固めるよりも、すべて剥がして自分をもっともっと磨こうと思いました。

 

反省はしても、後悔・罪悪感は加えない。

ピンチは、チャンス。

受け入れることで、すべてを踏み石にできる人生を今日も楽しんでいこうと思います。


和価値愛カードは、魚の絵がはいった潮の流れカード22枚とそれをサポートする愛の羅針盤カード49枚の2種類、計71枚より構成されています。
詳しい説明は下のページより
↓ ↓

この記事が気に入ったら
いいね!してね。

最新情報をお届けします

Twitterで 魚画伯 をフォローしよう!

この記事を気に入ってもらえたら是非シェアしていただけると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です