7月24日(土)・・・自然との共生

魚画伯
「心機一転」今日から意識改革!!

今日も職場の教養から大切なことを学びました。人生のキャンドルサービスとして、シェアできたら嬉しいです。 

自然との共生

昨今、大雨や短時間に降る強い雨の頻度が増加しています。それらによる風水害・土砂災害のリスクも高まっています。

その昔、洪水の多い地域では、水害から集落を守るため、「輪中(わじゅう)」という堤防が作られました。これは川よりも低い土地の周りを盛土(もりど)で囲んだものです。

輪中は水を遮断するのではなく、水の行き場を作ることで、川を氾濫させないという、人の知恵によるものです。

また、民家の軒下に水害時に使用する船を備えたり、高い石垣の上に造られた水屋(みずや)と呼ばれる建物に、食品や大切な家財道具を保管していました。そこには水が引くまで生活できる部屋もあり、洪水に対する備えができていたのです。

自然は人を癒してくれますが、反対に人の暮らしを破壊することもあります。日頃から、非常時の備えをしておくことが大切です。

先人の知恵に学び、非常用品を備え、災害に対する心構えと行動の準備を万全にしましょう。

今日の心がけ◆備えを万全にしましょう

引用:職場の教養(倫理法人会)

最後に・・・

最近は、本当にゲリラ豪雨と言われるような局所的な大雨多いですよね。

それは自然災害なのか、人工災害なのかは、ここでは議論は避けますが、お世話になっている母なる大地、地球にもっともっと感謝しなければならないような氣が致します。

人間による身勝手な行動で、今まで館得られなかった災害が起こっていることも事実。

今日の心がけにあるように、備えを万全にすると共に、もっと環境に目を向けて、今、自分にできることをひとつづつ行っていきたいです。

今日も職場の教養から大切なことを学びました。人生のキャンドルサービスとして、シェア致します。#職場の教養 #流山倫理法人会 #おいでよ流山 #おいでよ柏


和価値愛カードは、魚の絵がはいった潮の流れカード22枚とそれをサポートする愛の羅針盤カード49枚の2種類、計71枚より構成されています。
詳しい説明は下のページより
↓ ↓

この記事が気に入ったら
いいね!してね。

最新情報をお届けします

Twitterで 魚画伯 をフォローしよう!

この記事を気に入ってもらえたら是非シェアしていただけると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です