6月19日(土)・・・心の聖火リレー

魚画伯
「心機一転」今日から意識改革!!

今日も職場の教養から大切なことを学びました。人生のキャンドルサービスとして、シェアできたら嬉しいです。 

心の聖火リレー

近代オリンピックの聖火リレーが始まったのは、一九三六年のことです。

今回の東京五輪は「復興」が一つのテーマとなっています。三月に始まった「東京2020聖火リレー」では、サッカーの「なでしこジャパン」のメンバーが第一走者として、福島県のJヴィレッジをスタートしました。

千葉県で整骨院を開業して、六年目になるS氏。経営理念として「人に生きる希望を与える会社になる」を掲げ、十六名の社員と共に働いています。

S氏は会社を創業した翌月に父親を亡くしました。父親の最期を看取り、六百名の参列者を迎えた葬儀の中で、「父は『自分を後にしても、まず人様が先』という生き方をしていたことを知った」と言います。

父の生き方から、今の経営理念が生まれました。そのバトンは、お客様、社員、家族と向き合う際の心の姿勢に生き続けています。

百年近く続く近代オリンピックの聖火リレーのごとく、家族や周囲の人々との「心の聖火リレー」によって、今の自分があることに感謝しましょう。

今日の心がけ◆お世話になった人に心を馳せましょう

引用:職場の教養(倫理法人会)

最後に・・・

『人様(ひとさま)が先』という生き方

素晴らしいS氏のお父さまですね。

神様、おかげ様、皆様・・・

お世話になった方に恩返ししながら、人生後半戦を楽しみながら・・・

今日も張り切っていきます。

今日も人生前向きな皆様にとって、ますます素敵な日でありますように。

今日も職場の教養から大切なことを学びました。人生のキャンドルサービスとして、シェア致します。#職場の教養 #流山倫理法人会 #おいでよ流山 #おいでよ柏


和価値愛カードは、魚の絵がはいった潮の流れカード22枚とそれをサポートする愛の羅針盤カード49枚の2種類、計71枚より構成されています。
詳しい説明は下のページより
↓ ↓

この記事が気に入ったら
いいね!してね。

最新情報をお届けします

Twitterで 魚画伯 をフォローしよう!

この記事を気に入ってもらえたら是非シェアしていただけると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です