12月19日(土)・・・より良く生きるために

魚画伯
「心機一転」今日から意識改革!!

今日も職場の教養から大切なことを学びました。人生のキャンドルサービスとして、シェアできたら嬉しいです。 

より良く生きるために

「より良く生きるとは、生命を考えること」といわれます。

令和二年九月、ドイツ出身の神父で、上智大学名誉教授のアルフォンス・デーケンさんが八十八歳で逝去しました。

デーケンさんは「死への準備教育」を提唱していたことで知られ、上智大学で「死の哲学」の講義を行ったほか、「生と死を考える会」を発足するなど、日本の終末期医療の改善やホスピス運動の発展に尽力しました。

若くして親族との死別を経験し、二十三歳で末期がん患者を看取ったことから、デーケンさんは「死」を哲学的に研究し始めたといいます。

生命は誰にも等しく終わりがありますが、健康に恵まれていると、普段はそれを忘れて生活している場合がほとんどでしょう。しかし、近しい人との死別を経験すると、生命について否応なしに考えさせられます。

時には生と死や、今ここに生きている意味を静かに見つめ、より良い人生を歩む一助としていきたいものです。

今日の心がけ◆一日一日を大切に生きましょう

引用:職場の教養(倫理法人会)

最後に・・・

死を意識することで、生への理解が深まる。

普段忘れがちですが、「自分の人生の最後の日に、周りの人に何て言って欲しいか?」意識しています。保険という魔法の力を伝える仕事に携わっているからこそ、他の方よりはより意識しているつもりはありますが、それでも意識していないとつい大切なことを忘れがちです。

今日という日が最後だったら?

今日死んでも悔いはない?

「はい、今日死んでも、悔いはありません」とはっきり言えるように、今日という日を全力で、一笑懸命生きようと思います。

今日も人生前向きな皆様にとって、ますます素敵な日でありますように。

今日も職場の教養から大切なことを学びました。人生のキャンドルサービスとして、シェア致します。#職場の教養 #流山倫理法人会 #おいでよ流山


和価値愛カードは、魚の絵がはいった潮の流れカード22枚とそれをサポートする愛の羅針盤カード49枚の2種類、計71枚より構成されています。
詳しい説明は下のページより
↓ ↓

この記事が気に入ったら
いいね!してね。

最新情報をお届けします

Twitterで 魚画伯 をフォローしよう!

この記事を気に入ってもらえたら是非シェアしていただけると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です