12月10日(木)・・・ノーベルの遺言

魚画伯
「心機一転」今日から意識改革!!

今日も職場の教養から大切なことを学びました。人生のキャンドルサービスとして、シェアできたら嬉しいです。 

ノーベルの遺言

十九世紀の発明家、アルフレッド・ノーベルはダイナマイトを発明し、巨万の富を得ましたが、その財産を世界の平和や発展のために使いたいと願いました。

ノーベルの死後、その意志は継がれ、財団が設立されます。物理学、化学、生理学・医学、文学、平和に関して「人類に最大の貢献をもたらした人々」に、ノーベル賞が授与されることになり後に、経済学も対象となりました。

一九〇一年より始まった同授賞式は、ノーベルの命日にあたる十二月十日に行われ、昨年までの間に、九百五十もの個人や団体が受賞しています。

日本人では、一九四九年に湯川秀樹博士がノーベル物理学賞を受賞してから、昨年のリチウムイオン電池開発で、ノーベル化学賞を受賞した旭化成名誉フェローの吉野彰氏に至るまで、二十七人に上ります。

近代文明の発展により、多くの人々が豊かな生活を送れるようになりました。その礎を築いてきた先人の功績に感謝しつつ、世界や日本、また地域社会において、自分はどのように貢献できるかを考えていきたいものです。

今日の心がけ◆社会の発展のために何ができるか考えましょう

引用:職場の教養(倫理法人会)

最後に・・・

社会の発展のために何ができるか?

決めた!!小生は親父ギャグを通して、世界を明るくし、ノーベル平和賞を受賞します(笑)

今日も人生前向きな皆様にとって、ますます素敵な日でありますように。

今日も職場の教養から大切なことを学びました。人生のキャンドルサービスとして、シェア致します。#職場の教養 #流山倫理法人会 #おいでよ流山


和価値愛カードは、魚の絵がはいった潮の流れカード22枚とそれをサポートする愛の羅針盤カード49枚の2種類、計71枚より構成されています。
詳しい説明は下のページより
↓ ↓

この記事が気に入ったら
いいね!してね。

最新情報をお届けします

Twitterで 魚画伯 をフォローしよう!

この記事を気に入ってもらえたら是非シェアしていただけると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です