10月13日(火)・・・祭りと縁日

「心機一転」今日から意識改革!!

今日も職場の教養から大切なことを学びました。人生のキャンドルサービスとして、シェアできたら嬉しいです。

祭りと縁日

十月は、三重の芭蕉祭、京都の時代祭りがあります。

「祭りといえば縁日」とワクワクする人も多いはずです。開催の雰囲気は似ているものの、「祭り」と「縁日」の意味には、どのような違いがあるのでしょう。

国語辞典では、「祭り」は神を祀る儀式、「縁日」は神仏と縁があるとして祭典・供養を行なう日、と記されています。

縁日そのものが祭りと思う人がいるかもしれませんが、双方は目的が違います。

縁日は、毎年決まった日に神仏と縁を結ぶという目的があります。

一方で、祭りは、農作物の豊作願いや収穫祝いなどのために行われるもので、全国各地の神様にお供えものをして、にぎやかにお祝いをする目的があります。

縁日は日にち毎に行われ、祭りは季節毎に行われます。昭亜h春に植えた農作物の収穫期で、その喜びと感謝を込めてお祭りをするものです。

最近では、祭りや縁日は小規模での開催が多くなっているようです。近隣で、催されていた時には、意味や由来を把握して楽しんでみてはいかがでしょう。

今日の心がけ◆祭りや縁日の由来を知りましょう

引用:職場の教養(倫理法人会)

最後に・・・

縁日そのものが祭りと思う人がいるかもしれませんが・・・

はい、そう思っていました(苦笑)

生まれも育ちも柏市豊四季。地元お諏訪様の由来など、調べてみようかな?

今日も人生前向きな皆様にとって、ますます素敵な日でありますように。


和価値愛カードは、魚の絵がはいった潮の流れカード22枚とそれをサポートする愛の羅針盤カード49枚の2種類、計71枚より構成されています。
詳しい説明は下のページより
↓ ↓

この記事が気に入ったら
いいね!してね。

最新情報をお届けします

Twitterで 魚画伯 をフォローしよう!

この記事を気に入ってもらえたら是非シェアしていただけると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です