10月5日(月)・・・折り紙供養の日

「心機一転」今日から意識改革!!

今日も職場の教養から大切なことを学びました。人生のキャンドルサービスとして、シェアできたら嬉しいです。

折り紙供養の日

毎年、四月八日と本日、十月五日は、「折り紙供養の日」です。折り紙作家の河合豊彰氏が提唱して定められました。

折り紙は江戸時代から伝わる日本の伝統的な遊びの一つです。この折り紙の技術は意外なところで活かされています。

東京大学の三浦公亮名誉教授が考案した「ミウラ折り」は、大きな物を小さくたためる折り方で、「宇宙実験・観測フライヤー」で太陽光パネルの開閉に採用されました。また、折りたたみの地図などにも活用されています。

今では欧米を始め多くの国に、日本語の「origami(オリガミ)」とうい言葉と遊びが浸透していますが、日本人にとっては楽しむだけではありません。例えば千羽鶴を折る時は、平和祈願や病気平癒などの願いが込められます。

昔の人たちは、物にも魂が宿ると信じて大切に扱いました。「折り紙供養の日」は、役目を終えた折り紙を不要な物として扱うのではなく、感謝を捧げて供養する日なのです。

今日の心がけ◆物を大切に扱いましょう。

引用:職場の教養(倫理法人会)

最後に・・・

折り紙の日があるなんて知りませんでした。

千羽鶴を折るときの祈りを思い出して、普段の生活が送れることを当たり前と思わないように、もっと意識したいと思います。

今日も人生前向きな皆様にとって、ますます素敵な日でありますように。


和価値愛カードは、魚の絵がはいった潮の流れカード22枚とそれをサポートする愛の羅針盤カード49枚の2種類、計71枚より構成されています。
詳しい説明は下のページより
↓ ↓

この記事が気に入ったら
いいね!してね。

最新情報をお届けします

Twitterで 魚画伯 をフォローしよう!

この記事を気に入ってもらえたら是非シェアしていただけると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です