9月15日(火)・・・手書きの温もり

手書きの温もりを少しでも和価値愛(わかちあい)たい。

そう思いながら、文字をもっともっとココロを込めて、書こう。改めて、職場の教養から大切なことを思い出させてもらいました。

手書きの温(ぬく)もり

最近は、パソコンで文章を作成し、携帯やスマートフォンでメールを送るなど、文字を書く機会が少なくなっています。

その一方で、昨今は美文字への意識が高まり、書店には多くの「文字練習帳」が並んでいます。手書きには手書きならではの温もりがあるからでしょう。

Tさんは冠婚葬祭などで記名する時、いつも〈字が下手だな〉と感じていました。そんなある日、高校時代に書道の先生から受けた助言を思い出したのです。

「人生で一番多く書く文字は何だと思う?それは自分の名前だ。だからまず自分の名前をしっかり練習しよう」

すぐにTさんは、「文字練習帳」で、文字の練習を始めました。併せて年賀状の中から上手な人の筆文字を手本にして、筆ペンで記名の練習も続けたのです。

ひと月ほど練習すると、職場の同僚から伝言のメモの文字を褒められるようになりました。手書きの文字が上達したことを実感したTさん。これまでの劣等感は消え、挨拶状や礼状には手書きでひと言添えるようになりました。

今日の心がけ◆文字は美しくていねいに書きましょう

引用:職場の教養(倫理法人会)

最後に・・・

Tさんって、誰?と思いつつ、そういえば、小生も本名は隆之なので、Tさんだ(笑)

人生で一番多く書く文字は、確かに自分の名前。

小生は氏名は、使命だと思っています。改めてもっともっと名前を大切にしながら、丁寧に書きたいと思います。

氏名=使命=(使われて、喜ばれてなんぼの命)を全うしたいです。


和価値愛カードは、魚の絵がはいった潮の流れカード22枚とそれをサポートする愛の羅針盤カード49枚の2種類、計71枚より構成されています。
詳しい説明は下のページより
↓ ↓

この記事が気に入ったら
いいね!してね。

最新情報をお届けします

Twitterで 魚画伯 をフォローしよう!

この記事を気に入ってもらえたら是非シェアしていただけると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です