他人にどう見られているか氣になり過ぎる時は?

魚画伯があなたを占います

~ 魚の和価値愛カード占い事例集 ~

他人にどう見られているか・・・氣になる時ありますよね。

そんな時は、希望のカードを眺めながら、人間関係の素晴らしさにもっと氣づいてください。

他人にどう見られているか氣になり過ぎる時は?

過去(左)・・・20番の真実のカードと人生の輝き

過去には、他人の目を氣にせず過ごせた時期もあったのではないでしょうか?

自分の人生という舞台にスポットライトを照らすのは、自分自身。

自分の人生に自分で責任を持ち、あなた自身が主人公であった頃を思い出してください。

今は、ちょっと忘れて、他の人の人生の脇役に転じてしまい、つらい時期かもしれませんね。

あなたが、本当の自分自身を思い出せば、どう思われているか氣にならなくなるでしょう。氣にならなくなるとは、他人がどうなってもいいという身勝手な意味ではありません。

現在(真ん中)・・・17番の希望のカードと人間関係

「他人からどう見られたら幸せなるか」「何を他人からされたら嬉しいか」という他人中心な人生から抜け出しましょう。

そうすれば、「自分はどうしたら幸せになるか」「自分は何をしたら嬉しいか」という自分中心な人生へとホップ!!

ホップの後は、「他人の喜びにどう自分が貢献できるか」「何をしたら、相手が喜ぶのか」という共存共栄のステップ!!

情けは人のためならずと言いますが、情けは人のためならず、自分のため・・・であると信念のカードが忘れないでと背中を押しています。

未来(右)・・・10番の運命のカードと信念

どう見られるかを氣にしないようにすればするほど、他人の目は氣になります。それよりも、自分がどう他人のことを見ているかに意識を集中してみたら如何でしょうか?

嫌いな人は、相手もちゃんと嫌ってくれるように、自分が先に嫌っていたりするものです。

もしくは、反対に好かれよう好かれようとして、ココロの底では、嫌っている自分がいないでしょうか?

相手にも人生がある

嫌な噂話をする人や、嫌な反応、苦手な人にも、そうなる理由が、その人なりの人生にもあるし、その相手にも守るべき家族がいたり、子供の頃、嫌な反応をしてしまうトラウマがあり、今も苦しんでいるのかもしれません。

損得勘定で、他人を見れば、相手の反応がより一層氣になるものです。

ええ・・・そんな損得勘定で相手を見ていないですよ・・・という葛藤もあるかもしれません。

誰しも、ココロの底では、損得勘定で、どこかで相手を利用しようとする本能があるのかもしれません。だって、魚だもの(笑)

だからといって、そんな自分を責めたりしないでくださいね。

誰しもが多かれ少なかれ、他人の目が氣になることは、あるし、今、こうして文章を書きながら、どんな反応されるんだろう?ってドキドキしながら書いています(苦笑)

これを読んで下さっているあなたへ

今、どんな目で見られているのだろうかと過剰に反応するつらい時期の方は、きっとまじめで、優しい方だと思います。

その優しい自分をもっともっと思い出して、自信を持ってください。

きっとどう見られるか氣にし過ぎる時期を超えて、自分がどう世界を見て、どう世界を創造するか?

これからの人生を楽しんでください。

最後に・・・

誰かの悩みは、みんなの悩み。

和価値愛カードを通して、誰かの悩みの解消となれば、その方だけでなく、きっと他の誰かの解決にもなると確信しています。

微力ではございますが、少しでも世の中が明るくなるためのきっかけになれたら嬉しいです。


和価値愛カードは、魚の絵がはいった潮の流れカード22枚とそれをサポートする愛の羅針盤カード49枚の2種類、計71枚より構成されています。
詳しい説明は下のページより
↓ ↓

和価値愛カードを引いてみましょう。

それでは、和価値愛カードを引いてみますね。
その前にいくつか注意事項がありますので読んでください。

この魚の和価値愛(わかちあい)カードはあなたが、いわゆる一般的な占いのように、これから運をつかめるかどうか?といった内容ではありません。

  • あなたがが本当の自分らしく、どのようにふるまえば状況が好転するか?
  • 今、自分がどう行動すれば、自分の決めてきた使命や志をまっとうできるか?

についてのヒントが出てきます。運がよくなるかどうかという反応的な生き方ではなく、自分自身が主体性を持って、あなたが本当の自分らしくどう生きていくかについて和価値愛(わかちあい)カードはメッセージを運んでくれるでしょう。あくまで自分がどう行動するかです。

そして、カードに書かれたメッセージを読んで、あなた自身がココロの底から湧きあがるヒラメキを大切にして下さい。あなたがヒラメキを受け取った頃に、あなたのヒラメキを邪魔しない範囲で解説を加えていきます。

いわゆる「カードが教えてくれる」「カードがそう言っているから」というふうに、答えを自分以外に委ねるものではありません。他人任せでははく、自分が主体。誰もが自分自身で答えを持っている。その答えを引き出しやすくするためにこのカードを作りました。

それでは、あなたの氏名(使命)をイメージしながらカードをシャッフルしていきます。直感に従って、止まれのサインが手のひらに感じたら、カードを順番に広げていきます。

※左から「過去」「現在」「未来」


和価値愛カードは、魚の絵がはいった潮の流れカード22枚とそれをサポートする愛の羅針盤カード49枚の2種類、計71枚より構成されています。
詳しい説明は下のページより
↓ ↓

この記事が気に入ったら
いいね!してね。

最新情報をお届けします

Twitterで 魚画伯 をフォローしよう!

この記事を気に入ってもらえたら是非シェアしていただけると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。