「要するに何?」と言われがちな人が氣をつけたいこととは?

「話をする前に準備をしておくことの大切さ」を先輩から教わる前・・・

時々お客様から「要するに何?」と言われることがありました。

自分の伝えたいことを裏付ける具体例やデータを話しているうちに、具体例やデータに引っ張られて、「何を言いたいのか?」ブレてしまっていたのだ。

つまり、相手の立場と自分のスタンスが明確にしていなかったことが原因だったのです。

魚画伯
家族の絆を深めるスーパープロデューサーの魚画伯です。 

占いは、人生のスパイスのようなもの。

魚の占い【和価値愛カード】を一枚引きながら、浮かんだメッセージを書いていきます。

カード番号 4番 『整理整頓』
魚の絵 サンマ(秋刀魚)/サンマ科/秋/35㎝
脂のりが命。新鮮ならワタも美味しい。塩焼き・刺身など
このカードが出た時は
感情と理性を一致させ、仕組み作りが大切な時期であると教えてくれています。

もっと詳しくご覧になりたい方は、和価値愛カード4番『整理整頓』・・ サンマ(秋刀魚)をご覧ください。

「要するに何?」と言われないように、自分の真意を伝える方法とは?

自分の真意を正しく伝え、WIN-WINとなるためには、相手の立場や状況、自分のスタンスを明確にしておく必要性があります。

商談前や人前で話をする前に明確にしておきたい3つのポイント

  1. 相手の立場を確認する。
  2. 相手の不安を明確にする。
  3. 自分のスタンスを明確にする。

この3つを明確にしてから、話の道筋を作る必要があると教えてくれました。

相手の立場を明確にする。

相手がどのような立場なのか?

相手のことを知らなければ、独りよがりな説明になってしまうだろう。

どんなに素晴らしい話をしようと思っても、「自分のことを全く理解されていない」と反感を買ってしまったら、相手のココロには届かない。

「この人は、何を言いたいのか?」と疑いのココロを持たれたら、相手の脳はシャットダウンしてしまうでしょう。

相手の言う表面的な言葉だけを鵜呑みにせず、どんな立場なのか?相手に寄りそう努力が必要なんです。

 

相手の不安を明確にする。

相手の不安や相手がどんな問題をかかえているか?

常に意識しよう。

どんな素晴らしい話や解決策を持っていても、相手が問題意識していなければ、無駄な時間になってしまうだろう。

相手が問題を認識したときに、あなたの話、解決策に興味を持って聞いてくれるでしょう。

日頃から、相手は「どんな問題をかかえているのか?」「どんなことを解決したがっているのか?」

常に「問題意識」「問題意識」とアンテナをはる必要があるのです。

 

自分のスタンスを明確にする。

自分のスタンス、別の言い方をすれば、「自分が解決できること=提案したいこと」を明確にしておく必要があります。

自分の解決できる方法と相手の解決したい問題が一致しなければ、的外れな話になってしまいます。

「こんなことができるんです」と言われても、それが相手の解決したい問題でなければ、単なる長い説明にしか聞こえず、相手も眠くなってしまうことでしょう。

 

3つのポイントを明確にした後は・・・

この3つのポイントが明確にできれば、後は、伝える技術がより伝わりやすいものへと加速します。

相手は「今まで思っていた常識と異なるもの」を言われたとき、興味が深まります。

(常識的には)・・・・なんですが、実は・・・・なんです。

いきなり自分の主張を述べるよりも、「実は・・・なんです」と反対の(常識的には)の前提が大切。

「え?そうなの?」と思ってもらった後に、相手の解決したい問題に対して、「自分が如何に貢献できるか」を伝えれば、「要するに何?」なんて言われなくなるでしょう。少しでも、お役に立てたら嬉しいです。

今日のオススメの記事⇒夜、足がつるのは、自律神経のアンバランス? 自律神経が乱れると、どうしてふくらはぎが硬くなるの?

最後に・・・

先輩から3つのポイントを教わってから、お陰様で「今も将来も役に立つ話」がストレスなく伝わりやすいものとなりました。

整理整頓のカードを眺めながら、相手の立場・相手の不安(問題)・自分のスタンス(解決方法)をもう一度明確にしようと思いました。

解決したいと思っていないのに、「こんなこともできますよ」と言われも迷惑ですよね。

 

魚画伯の仕事は、相手が明確になっていない問題(潜在化された問題)ですので、まずは問題に氣がついて頂くことから始めなければなりません。

問題に氣づいてもらってからという・・・もう一つステップが必要なだけに、話の組み立ては重要。

なぜなら、「今も将来も役に立つ話」をする前は、問題が山積みであるにもかかわらず、問題にすら氣づいていない方がたくさんいらっしゃるから。

自分が正しく伝えなければ、相手を救うことはできない。

生意気を言うようですが、それくらいの想いがなければ続けられない仕事であるからこそ、間違った伝え方は絶対に許されない。

正しい理論だけでなく、正しい解決方法、正しい営業を通して、人生前向きな方たちと成長したい。

整理整頓のカードを眺めながら、先輩から教わったことを思い出し、与えれた環境、与えられた出逢いに感謝しながら、精進してまいります。

今日も人生前向きな皆様にとって、ますます素敵な日でありますように。


和価値愛カードは、魚の絵がはいった潮の流れカード22枚とそれをサポートする愛の羅針盤カード49枚の2種類、計71枚より構成されています。
詳しい説明は下のページより
↓ ↓

この記事が気に入ったら
いいね!してね。

最新情報をお届けします

Twitterで 魚画伯 をフォローしよう!

この記事を気に入ってもらえたら是非シェアしていただけると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です