目標の設定の仕方そのものが間違っていませんか?

「目標を明確に設定することは大事」・・・と分かっているけど、失敗しやすい。

そんな悩みをかかえる人は少なくありませんよね。

山の頂上を目指して一心不乱に努力することも大切ですが、「誰もが山の頂上を目指せばいい・・・という訳ではない」と人生の先輩でもある先輩から教わりました。

人には、二つのタイプがいる。

それは・・・

  • 頂上を目指して、目標設定したとおりに生きがいを求めるタイプ
  • 頂上は漠然としているものの、山の景色を楽しみ、目標が自然と発展・展開していくタイプ

に分かれるのだそうです。

あなたは、どちらのタイプですか?

影のカードから、目標設定に光と影があることを思い出してみました。

魚画伯
家族の絆を深めるスーパープロデューサーの魚画伯です。 

占いは、人生のスパイスのようなもの。

魚の占い【和価値愛カード】を一枚引きながら、浮かんだメッセージを書いていきます。

カード番号 18番 『影』
魚の絵 タカベ(鰖)/タカベ科/夏/25~30㎝
磯魚特有の香り。黄色のラインが綺麗。塩焼き・煮つけ・蒸しもの・揚げもの・干物など。
このカードが出た時は
今まで恐れていた事から逃げずに直視する時期にきている事を教えてくれています。

目標の設定の仕方そのものが間違っていませんか?

自分のタイプを見極め、自分にあった設定の仕方を誤れば、登りたい山そのものを間違ってしまうかもしれません。

山登りが大好きな先輩だからこそ、教えてくれた人生の山。

人生は、思っているよりも短いからこそ、間違った山には、なるべく登りたくないものです。

山の頂上を目指すタイプの人

この目標に向かうためには、それ以外のことは、犠牲にしても構わない。

そんな山の頂上を目指すタイプには、目標を明確にし、とにかく登る山を間違えてはならない・・・のだと教えてくれました。

登る山=目標を間違えなければ、あとはその頂上(設定した目標)を目指すために、効率を考えたり、ブレない自分づくりが重要だ。

そのためには、「絶対に○○を達成する」という覚悟を普段から口にしたり、目標を目につくところに貼っておくなどが効果的。

  • 強み:明確な目標に向かって、強い意志がある。達成能力が強い
  • 弱み:柔軟性に欠け、大きなカーブで曲がりきれない

 

目標が発展・展開していくタイプの人

山を目指すと言いながら、山を登り始めたものの、途中の道の景色に目を奪われるタイプ。

一件、目標がブレて、「山の頂上に登れない」とマイナスなように見えるかもしれない。

しかし、一心不乱に目標だけを見つめないからこそ、「本当に大切なことは何か?」にも氣づけるのだ。

初志貫徹も大切だが、「新しいチャンスが目の前に現れているのに、決めた目標を手放せずに、身動きできない自分ではいたくなかった」と教えてくれた先輩。

  • 強み:新しい展開に、柔軟に対応できる。時代の波に乗れる。
  • 弱み:まわりに流されやすい。小さな山も登れない可能性がある。まわりの景色ばかりよく見えてしまう。

 

自分で決めたことをやり抜く勇氣も大切だが、過去に決めたこと手放す勇氣も大切。

やり抜く光が強ければ、強いほど、強い影を生みだすことも忘れてはならない。

どちらのタイプがいいかどうかは、自分の人生をどう歩んでいきたいか?によって異なるんだと先輩は教えてくれました。

そんな先輩が教えてくれた冒険家植村直己さんの言葉が身にしみました。

いくら私が冒険が好きだからといっても、経験と技術もなくて、また生還の可能性もない冒険に挑むことは、それは冒険でも、勇敢でもないのだ。無謀というべきものなのだ。それがどんなに素晴らしい挑戦であったにしても、生命を犠牲にしては意味がない

出典:植村直己さん

~初志貫徹~高い目標を目指します・・・と宣言すれば、聞えもいいかもしれない。

勇氣ある挑戦なのか?

それとも、無謀な行動なのか?

山の頂上を目指す前に、「どんな山を登りたいのか?」も大切ですが、山の景色がどんどん移り行く社会で、まわりの景色の変化にも敏感になりたいと思いました。

今日のオススメの記事⇒食欲が止まらないのは、ウソの空腹感だった? 6つの原因と抑える方法とは?

最後に・・・

山登り好きな先輩から教わった植村直己さんの名言で一番印象に残っている言葉は、

帰る場所は、やっぱり女房のもと

出典:植村直己さん

です。

 

山は登りっぱなしで生きられない。

誰もがいつかは下山する。

登るばかりではく、ちゃんと人生の下山ができる人間でありたい。

影のカードが、帰る場所がある喜びを教えてくれました。

 

自分は、どちらのタイプか?

なんて考えていたら・・・

どちらのタイプかを見極めること大切ですが・・・

「待っていてくれる人のところに、ちゃんと帰ってくること」が、本当に大切なのかもしれない・・・と思う今日この頃です。

 

今日も人生前向きな皆様にとって、ますます素敵な日でありますように。


和価値愛カードは、魚の絵がはいった潮の流れカード22枚とそれをサポートする愛の羅針盤カード49枚の2種類、計71枚より構成されています。
詳しい説明は下のページより
↓ ↓

この記事が気に入ったら
いいね!してね。

最新情報をお届けします

Twitterで 魚画伯 をフォローしよう!

この記事を気に入ってもらえたら是非シェアしていただけると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です