失うことを恐れない。鬼は外 福は内!!

魚画伯
家族の絆を深めるスーパープロデューサーの魚画伯です。 

占いは、人生のスパイスのようなもの。

魚の占い【和価値愛カード】を一枚引きながら、浮かんだメッセージを書いていきます。

カード番号 12番 『犠牲』
魚の絵 サバ(鯖)/サバ科/秋/約50㎝
締めサバ・みそ煮・塩焼き・竜田揚げ・京都のサバ寿司・福井のサバのなれ寿司
サバの生き腐れという言葉があるほど、傷みやすい魚。背の文様が綺麗。
このカードが出た時は
自分の成長を妨げているのは何かを見つめなおす必要があると教えてくれています。

詳しくは、和価値愛カード12番『犠牲』・・サバ(鯖)をご覧ください。

失うことを恐れない。

「求めることは悪くはないが、多くを求め過ぎないように」と犠牲のカードが優しく語りかけてくれた。

誰もが欲望に満ちているが、そのような感情の渦に巻き込まれないようにしたい。

強すぎる欲望は、多くの苦しみを生んでしまう。

持っていない欲望よりも、持ってしまった後の失う恐怖の方が恐ろしい。

 

この世に誰も犠牲者はいない。

人は何かを失えば、喪失のエネルギーによって、感情が支配される。

最初からなければ、何も悩まないのに、一度手に入れたものは、手放しなくなくなる。

たった何かひとつを失っただけで、自分を犠牲者にしてしまい、「自分はなんて不幸なんだ」と思い込む。

思い込みは、次の快楽、欲望へと導く。

「足りない」と騒ぎ立てるな!と犠牲のカードは忠告してくれている。

最後に・・・

何かが足りない?

本当に足りていないのかを疑った方がいい。

不足して自分を犠牲者にしないでほしい。

犠牲のカードを通して、落ち着いて世界を眺めれば、誰もが完全なる存在であると分かるだろう。

福は内側から!!

欲望に向かって努力をし続けなければ、自分の存在価値がない?

恐れは、犠牲という眠りをより深くしてしまう。

必要以上の恐れは、本来の自分から遠ざかってしまう。

恐れを手放し、今日も本当の自分らしく張り切っていきましょう。


和価値愛カードは、魚の絵がはいった潮の流れカード22枚とそれをサポートする愛の羅針盤カード49枚の2種類、計71枚より構成されています。
詳しい説明は下のページより
↓ ↓

この記事が気に入ったら
いいね!してね。

最新情報をお届けします

Twitterで 魚画伯 をフォローしよう!

この記事を気に入ってもらえたら是非シェアしていただけると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です