孤独を感じたら、素直に孤独であると伝えよう。孤独を怒りにかえてはならない。

魚画伯
家族の絆を深めるスーパープロデューサーの魚画伯です。 

 占いは、人生のスパイスのようなもの。

魚の占い【和価値愛カード】を一枚引きながら、浮かんだメッセージを書いていきます。

カード番号 9番 『孤独』
魚の絵 キチジ(喜知次)/フサカサゴ科/冬/約30㎝
キンキの名前で有名。煮つけが最高。塩焼き・刺身・干物など
このカードが出た時
は立ち止まって、もう一度自分を見つめ直す時期にきている事を教えてくれています。 

詳しくは、和価値愛カード9番『孤独』・・キチジ(喜知次)をご覧ください。

孤独を感じたら、素直に孤独であると伝えよう。孤独を怒りにかえてはならない。

孤独や悲しみを素直に表現できていますか?

孤独であることを悲しむことは、健全な感情であり、成長への兆し。

しかし、孤独や悲しみを怒りに変えて、誰かにぶつけていませんか?

多くの人は、孤独を素直に表現せずに、怒りに変えて、相手を責めてしまう。

怒りに変えてしまえば、本質が見えにくくなり、事態は悪化しやすくなる。

 

怒りに変えて伝えるのはやめよう。

孤独であることや悲しんでいることは、恥ずかしい事でも何でもない。

自分の気持ちを分かっていて、当然だと相手を責めれば、物事はおかしな方向へと導かれる。

素直に、孤独や悲しみのまま伝えれば、相手も理解してくれるはず!!

孤独や悲しみは、健全な感情であると知ろう。

 

孤独と孤立は大きく異なる。

本当は、誰もが孤独なのです。

すべてはどこまでも繋がっているからこそ、どこまでいっても自分自身。

孤独を孤立と履き違えてはならない。

孤独を楽しもう。

どこまでも自分自身だからこそ、あなたは独りでありながら、たった一人でもない。

すべては繋がっていると知れば、「繋がりを求めて、寂しがる必要はない」という次のステージに行けるんだ。

繋がりを求めれば、繋がっていないという孤立の幻想が続く。

最後に・・・

最後まで読んで下さり、ありがとうございます。

孤独のカードを眺めることで、みんな繋がっていると思い出すことができる。

孤立は幻想だが、孤独は真実!!

素直に「寂しい」「悲しい」と伝えれば、相手もあなたの役に立ちたいはずだ。

相手もあなたの役に立つことで、自分自身の孤立の幻想から目覚めることだってできる。

孤独や悲しみを怒りに変えて伝えれば、相手はあなたを避けるようになるだろう。

 

孤独を感じたら、いつでも声かけてくださいね。

魚画伯 拝


和価値愛カードは、魚の絵がはいった潮の流れカード22枚とそれをサポートする愛の羅針盤カード49枚の2種類、計71枚より構成されています。
詳しい説明は下のページより
↓ ↓