何も持っていないと自分を責め始めたら、整理整頓をはじめよう。

魚画伯
家族の絆を深めるスーパープロデューサーの魚画伯です。 

 占いは、人生のスパイスのようなもの。

魚の占い【和価値愛カード】を一枚引きながら、浮かんだメッセージを書いていきます。

カード番号 4番 『整理整頓』
魚の絵 サンマ(秋刀魚)/サンマ科/秋/35㎝
脂のりが命。新鮮ならワタも美味しい。塩焼き・刺身など
このカードが出た時は
感情と理性を一致させ、仕組み作りが大切な時期であると教えてくれています。 

もっと詳しくご覧になりたい方は、和価値愛カード4番『整理整頓』・・ サンマ(秋刀魚)をご覧ください。

何も持っていないと自分を責め始めたら、整理整頓をはじめよう。

自分には、能力も才能も持っていない。

そんな風に自分を責めて、閉じこもっていませんか?

頭、空っぽの方が、夢詰め込める~とドラゴンボールが教えてくれたように(笑)

何も持っていないということは、望めば何でも持てるってことなんだ。

一度、自分の能力・才能を整理整頓してみよう。

他人のふりを見て、あれもいいな~これもいいな~と注意が散漫していないだろうか?

大切なのは、集中力!!

ここで、一度、整理整頓のカードを眺めながら、欲張らずに本当に磨きたい能力・才能に集中しよう。

魚画伯は、魚を描くとき、魚だけを描こうとするのではなく、魚の周りの空氣を描くつもりで描いている。

そうすると魚そのものが、何だか立体的に浮かんでくるんだ。

 

新しいことを始めようと思ったら、何も持っていないことを喜ぼう。

整理する前に、整頓しようとするから挫折する。

整頓する前には、整理・・・いるものといらないものをしっかり分ける・・・が大切!!

そして、いらないものを処分してから、整頓するから、次に使う能力が取りやすい。

何も持っていないと自虐的になる前に、何も持っていないことを喜ぼう。

何も持っていないと受け入れれば、処分する手間がはぶけるってものだ。

 

中途半端に何か持っていると思えば、それにしがみつきたくなる。

肩の力をぬいて、本当に磨きたいことは何か?

一緒に探そう!!

最後に・・・

最後まで読んでくれてありがとうございます。

何も持っていないと感じたら・・・

何も持っていないのなら、何も失うものもないと喜ぼう。

 

しがみつきたくなるような中途半端が危険。

何を手放し、何をつかむかは、整理整頓のカードが教えてくれました。

整理整頓が進んで、本当の自分らしく歩く人生が見つかったら、その為に何が必要な能力なのか?

一緒に探しましょう。

ココロの整理整頓が進んだら、人生のキャンドルサービとして、シェア・拡散宜しくね。

魚画伯拝


和価値愛カードは、魚の絵がはいった潮の流れカード22枚とそれをサポートする愛の羅針盤カード49枚の2種類、計71枚より構成されています。
詳しい説明は下のページより
↓ ↓