もし自信をなくして、誇りが持てなくなったときは? 7月11日 魚の占いカードに聞いてみた。

魚画伯
家族の絆を深めるスーパープロデューサーの長谷川です。 

占いは、人生のスパイスのようなもの。

毎朝、魚の占い【和価値愛カード】を一枚引きながら、浮かんだメッセージを書いていきます。

もっと収入がアップすれば、人にご馳走したり、他の人を助けてあげられるのに・・・

そう思うだけでは、誰も助けることはできない。仮に一時的に収入を得たとしても、相手に感謝されるどころか、「自分のためでしょ?」と言われるのがオチです。

そんなタラレバを言いながら、自分に自信を持てずに、誇りを持ちにくいあなたへ

魚の占いカードを一枚引いて、インスピレーションで答えていきたいと思います。

もし自信をなくして、誇りが持てなくなったときは?

そんな問いかけに応えてくれたのは、6番【調和】のカードでした。

今朝の魚の和価値愛カード

和価値愛カード6番『調和』・・カツオ(鰹)

6番「調和」のカードを通して浮かんだメッセージ。

内なる調和と繋がりなさいと調和のカードは、あなたに語りかけています。

ぜいたくをしなければ、相手の役に立てない?

そんな今の自分の不本意な収入のために行動できない自分を作りのはやめよう。

それは、財産による貧困ではなく、ココロの貧困によるものです。

収入があっても、なくても、相手に親身になることが大切なのです。

昨日までの自分を否定せずに、今日という日を全力で生きると覚悟を決めよう。

そこに、自分に自信がある・ないは関係なくなる。

あるがままの自分を抱きしめれば、ものごとは難しくなくなるのです。

 

過去にも未来にも生きることはできない。

大切なのは、今日という日の連続。

比較・競争という争いの中から自分を解放してあげましょう。

自分には価値がないなんて思うのは、あなたが「偉大なる自分以外の何者かになろうとする」愚かなことなのです。

相手の中に、自分の喜びの光があると確信してください。

その確信は、本当であると調和のカードは、教えてくれています。

 

 

今日のオススメの記事⇒高血圧の症状と薬に頼りすぎない対処法5つ 

最後に・・・

【調和】のカードを、もう一度よく眺めて下さい。

眺めれば眺めるほど、他人に対して、ココロを開けるようになります。

眺めれば眺めるほど、親身になれる自分に氣づける。

自分と他人を比べ、優劣をつけてはならない。

自分よりも劣っている人を見つけて、批判や見下してはならない。

相手を見下したりすれば、自分で自分を見下してしまうのだ。

 

親身になればなるほど、どう行動すればいいのか?が浮かんでくる。

調和のカードから溢れる光を感じてください。

相手に親身なればなるほど、自信をつけようとしなくても、とっくに自信はうまっていることに氣がつくでしょう。

 

今日という日をどんな一日にしたいですか?

今日も人生前向きなあなたにとって、ますます素敵な日でありますように。

今朝のカードを眺めてから過ごしたら、「今日はこんな素晴らしいことがあった」という嬉しいご連絡お待ちしております。

魚画伯 拝


和価値愛カードは、魚の絵がはいった潮の流れカード22枚とそれをサポートする愛の羅針盤カード49枚の2種類、計71枚より構成されています。
詳しい説明は下のページより
↓ ↓

この記事が気に入ったら
いいね!してね。

最新情報をお届けします

Twitterで 魚画伯 をフォローしよう!

この記事を気に入ってもらえたら是非シェアしていただけると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です