魚の占い 和価値愛カード 6月26日 自分の強さを思い出すためには?

魚画伯
家族の絆を深めるスーパープロデューサーの長谷川です。 

占いは、人生のスパイスのようなもの。

毎朝、魚の和価値愛カードを一枚引きながら、浮かんだメッセージを書いていきます。

今朝の魚の和価値愛カード

和価値愛カード3番『創造力』・・カサゴ(笠子)

3番「創造力」のカードを通して浮かんだメッセージ。

自分の本当の強さを思い出すためには?

今日は、目に映るすべては、あなた自身のココロの鏡であると思ってみよう。

批判したくなる相手や状況は、あなた自身のココロの投影。

だからと言って、すべてあなたに責任があると自分を責める必要はいらない。

すべては自分が引き寄せている?

そんな精神論を述べる氣は毛頭ないと創造力のカードは教えてくれました。

相手や状況に対して、不平・不満を述べれば、自分の弱さを作り出すのだと自覚しよう。

 

見方を変えるチャンス。

今日は、状況に対して、誰かのせいにしたり、否定・批判をするのはやめよう。

批判したところで、傷つくのは、あなた自身。

自分自身のエネルギーも停滞し、本来の力を発揮できなくなりますよ。

批判せざるをえない?

もっともなことを言っているだけ?

正義感は、立場や時間の経過とともにコロコロ変わるものであり、自我のフィルターを通した正義感は、不安定さを作る。

今日は、相手を変えようとせず、ただ単純に見方を変えてみよう。

相手を否定・批判したところで、エネルギーの消耗に過ぎない。

見方を変えて、愛・光・喜び・感謝の目で見守ろう。

自分のご機嫌は、自分でとるものである。

 

今日のオススメの記事⇒夜、足がつるのは、肝臓の機能が低下している? ふくらはぎと肝臓との関係、徹底検証!

最後に・・・

【創造力】のカードを、もう一度よく眺めて下さい。

眺めれば眺めるほど、慈しみのココロで状況を見届けられるようになるでしょう。

批判したくなる衝動が溶け始め、愛・光・喜び・感謝の目が養われる。

眺めれば眺めるほど、自分がどう反応し、どう行動するかは、あなたには責任と自由があります。

 

相手や状況を否定・批判したくなったら、感情は相手や状況に支配されていると自覚しよう。

自分のご機嫌、感情は自分でコントロールできるものなのです。

自分で感情をコントロールできる人こそ大人というものなどだと創造力のカードは教えてくれました。

 

怒って当然、批判して当然と怒りや悲しみを選択するしかない人は、幼稚である。

感情は、大きなパワーです。

感情を味方につけるも、敵に回すも、あなた次第。

愛・光・喜び・感謝のパワーと共に、嬉しさを選択しよう。

嬉しさを選択したあなたは、今日のあなたは何をすべきか見えてくるはずです。

創造力のカードを眺めながら、目にやきつけてください。

そうすれば、いつものように、つい批判的になりそうな時、目を閉じれば、まわりに依存せず、本当のあなたらしい選択と行動、そして、幸せが待っているのです。

 

さあ、想像力を高めて、本当の強さとは何か?

あなたの本当の強さを思い出してください。

 

今日という日をどんな一日にしたいですか?

今日も人生前向きなあなたにとって、ますます素敵な日でありますように。

今朝のカードを眺めてから過ごしたら、「今日はこんな素晴らしいことがあった」という嬉しいご連絡お待ちしております。

魚画伯 拝


和価値愛カードは、魚の絵がはいった潮の流れカード22枚とそれをサポートする愛の羅針盤カード49枚の2種類、計71枚より構成されています。
詳しい説明は下のページより
↓ ↓

この記事が気に入ったら
いいね!してね。

最新情報をお届けします

Twitterで 魚画伯 をフォローしよう!

この記事を気に入ってもらえたら是非シェアしていただけると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です