10月24日(日)・・・霜害(そうがい)に学ぶ

魚画伯
「心機一転」今日から意識改革!!

今日も職場の教養から大切なことを学びました。人生のキャンドルサービスとして、シェアできたら嬉しいです。 

霜害(そうがい)に学ぶ

身の引き締まる凛とした秋の朝、陽の光に照らされて、土や葉に降りた霜が輝く様子は、一瞬でも寒さを忘れさせてくれるほど、美しいと感じるものです。

そうした美しい自然現象も、農業を営む人々にとっては、日夜大切に育てている農作物に対して、甚大な被害をもたらす場合があります。

「霜害」もその一つです。今年四月には、山形県全域のサクランボが季節外れの低温による「遅霜(おそじも)」の影響を受けました。つぼみの中の雄しべが凍って枯死(こし)してしまい、多くの品種が収穫減となりました。

また、秋早く降りる霜のことを「早霜(はやじも)」といいます。農業は天候気候に大きく左右されるため、その日その日の場面に適した策を講じるこが重要になります。

霜への対策は、藁やビニールで作物を直接ガードする「被覆法」、薪を燃やして温める「加熱法」、扇風機で風を送り温度低下を防ぐ「送風法」など様々です。

農業に限らず、納得のいく良い物を作り上げるために、相応の努力が必要となります。大自然の厳しさを受け入れながら対処していきましょう。

今日の心がけ◆臨機応変に対策を講じましょう

引用:職場の教養(倫理法人会)

最後に・・・

大自然の厳しさを受け入れながら対処していきましょうという今朝の教養を読み返しながら、身の引き締まる思いになりました。

自然を相手にいつも食材を提供してくださる農家や漁業の皆様に、改めて感謝の氣持ちでいっぱいです。

今日はいつもよりも食べ物を噛み、与えられた命にもっともっと感謝したいです。

今日も人生前向きな皆様にとって、ますます素敵な日でありますように。

今日も職場の教養から大切なことを学びました。人生のキャンドルサービスとして、シェア致します。#職場の教養 #流山倫理法人会 #おいでよ流山 #おいでよ柏


和価値愛カードは、魚の絵がはいった潮の流れカード22枚とそれをサポートする愛の羅針盤カード49枚の2種類、計71枚より構成されています。
詳しい説明は下のページより
↓ ↓

この記事が気に入ったら
いいね!してね。

最新情報をお届けします

Twitterで 魚画伯 をフォローしよう!

この記事を気に入ってもらえたら是非シェアしていただけると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です