4月19日(月)・・・鯛の魅力

魚画伯
「心機一転」今日から意識改革!!

今日も職場の教養から大切なことを学びました。人生のキャンドルサービスとして、シェアできたら嬉しいです。 

鯛の魅力

七福神の恵比寿様が釣り竿と一緒にぶら下げている鯛は、昔から日本人の食生活や文化に寄り添ってきた魚です。

「クロダイ」「ヘダイ」など、鯛の種類は二十種類以上あるとも言われていますが、日本で一般的に「鯛」と呼ばれるのは「真鯛」です。桜の咲く頃、産卵期を控え、脂がのった真鯛は身まで薄赤く色づくため、「桜鯛」とも呼ばれます。

古くから赤をめでたい色としてきた日本では、皮が赤い鯛を縁起物としてきました。また、「めでたい」と語呂合わせも重なり、お祝いには欠かせない魚です。

生後百日目に行うお食い初めでは、「一生食べることに困らないように」との願いを込めて、一汁三菜の膳に尾頭付きの鯛と赤飯を用意します。

尾頭付きの鯛は、色や語呂合わせだけでなく、その姿が頭から尾まで、欠けた部分がない完璧な姿であるため、祝い事に相応しいとされてきたのです。

日本料理で重宝される鯛は、焼く、煮る、蒸す、揚げるなど調理法を選びません。鯛を通して和食の伝統を見直しましょう。

今日の心がけ◆和食の伝統を大切にしましょう

最後に・・・

鯛は描いてもうっとりする魚です。

自分のココロがざわついたまま描き始めると、頭のラインが綺麗に描けなくなります。鯛を描いている最中だけでなく、それまでの日々のココロのあり方が、鯛に試されているような氣がします。

鯛をつまみに、ヱビスビールが飲みたくなったのは、小生だけでしょうか?

 

今日も人生前向きな皆様にとって、ますます素敵な日でありますように。

今日も職場の教養から大切なことを学びました。人生のキャンドルサービスとして、シェア致します。#職場の教養 #流山倫理法人会 #おいでよ流山 #おいでよ柏


和価値愛カードは、魚の絵がはいった潮の流れカード22枚とそれをサポートする愛の羅針盤カード49枚の2種類、計71枚より構成されています。
詳しい説明は下のページより
↓ ↓

この記事が気に入ったら
いいね!してね。

最新情報をお届けします

Twitterで 魚画伯 をフォローしよう!

この記事を気に入ってもらえたら是非シェアしていただけると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です