1月24日(日)・・・軍師の決断

魚画伯
「心機一転」今日から意識改革!!

今日も職場の教養から大切なことを学びました。人生のキャンドルサービスとして、シェアできたら嬉しいです。 

軍師の決断

三国志の逸話から「泣いて馬謖(ばしょく)を斬る」という諺が生まれました。

意味は規則・規律を保つためには、大切な人であっても、違反した場合は厳しく処分することを指します。

この諺は、名軍師・諸葛亮(しょかつりょう)の後継者と目され期待されていた馬謖(ばしょく)が、諸葛亮の命令に背き、敵軍を倒そうとして大敗したことに端を発します。

諸葛亮は兵士の士気が低下することを恐れ、軍律を守ることを重視します。そこで後継者であった馬謖を処罰し、声をあげて泣いたのです。

人と人がかかわる仕事では、どうしても情が生まれることがあります。それが身内であったり、期待をかけている社員であったならなおさらです。しかし、仕事に個人的な感情を持ち込むと、状況判断を誤ることにつながります。

「嫌われたくない」「よく思われたい」と思うのは人の性ですが、慣れ過ぎは、小さなミスを見逃すことになりかねません。改めて仕事の目的を明確にし、私情を挟まず、正すべきことは正していきたいものです。

今日の心がけ◆仕事の目的を明確にしましょう

引用:職場の教養(倫理法人会)

最後に・・・

今日の職場の教養は、深いですね。

文章を入力しながら、諸葛亮の鳴き声が聞こえてくるような氣がして、一瞬鳥肌が立ちました。

「嫌われたくない」「よく思われたい」と思うのは人の性ですが、慣れ過ぎは、小さなミスを見逃すことになりかねません。

上記の文章を肝に銘じて、今日も張り切っていきたいと思います。

今日も人生前向きな皆様にとって、ますます素敵な日でありますように。

今日も職場の教養から大切なことを学びました。人生のキャンドルサービスとして、シェア致します。#職場の教養 #流山倫理法人会 #おいでよ流山


和価値愛カードは、魚の絵がはいった潮の流れカード22枚とそれをサポートする愛の羅針盤カード49枚の2種類、計71枚より構成されています。
詳しい説明は下のページより
↓ ↓

この記事が気に入ったら
いいね!してね。

最新情報をお届けします

Twitterで 魚画伯 をフォローしよう!

この記事を気に入ってもらえたら是非シェアしていただけると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です