11月12日(金)・・・競技への恩返し

魚画伯
「心機一転」今日から意識改革!!

今日も職場の教養から大切なことを学びました。人生のキャンドルサービスとして、シェアできたら嬉しいです。 

競技への恩返し

東京2020オリンピック競技の閉幕から、三カ月が経ちました。

ソフトボール女子は二〇〇八年の北京大会以来の開催となり、日本代表は十三年越しの連覇を果たし、金メダルを獲得しました。

北京、東京の二大会で、エースとして日本に金メダルをもたらしたのが上野由岐子投手です。しかし、上野投手は北京大会後に、“燃え尽き症候群”のような心境に陥り、一時はソフトボールを辞めたいと考えていたといいます。

北京大会後も実業団でソフトボールを続けていたものの、頑張れない自分に嫌気が差していたところ、宇津木麗華監督から「これからは頑張るんじゃなくて、ソフトボールに恩返しをするつもりでやればいいのよ」と諭されたのです。

その言葉に励まされた上野投手は、ソフトボールへの向き合い方が変わり、〈金メダルを獲得することがソフトボールという競技、そして恩師の宇津木監督への恩返し〉と信じて、東京大会に臨み、見事に恩に報いたのです。

私たちも上野投手のように、他者への恩を力に変えて仕事に励みたいものです。

今日の心がけ◆仕事や人に恩返しをしましょう

引用:職場の教養(倫理法人会)

最後に・・・

自分の夢の実現のためだけに頑張るには、どこかで限界がくるけれど、誰かのためにや恩返しのためにであれば、限界はないのだと思いました。

どんな仕事をしていても、今、目の前の人の幸せのために、頑張るのであれば、続けられる。

目の前の人の笑顔のために、今日も頑張りたいです。

今日も人生前向きな皆様にとって、ますます素敵な日でありますように。

今日も職場の教養から大切なことを学びました。人生のキャンドルサービスとして、シェア致します。#職場の教養 #流山倫理法人会 #おいでよ流山 #おいでよ柏


和価値愛カードは、魚の絵がはいった潮の流れカード22枚とそれをサポートする愛の羅針盤カード49枚の2種類、計71枚より構成されています。
詳しい説明は下のページより
↓ ↓

この記事が気に入ったら
いいね!してね。

最新情報をお届けします

Twitterで 魚画伯 をフォローしよう!

この記事を気に入ってもらえたら是非シェアしていただけると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です