12月5日(土)・・・適材適所

魚画伯
「心機一転」今日から意識改革!!

今日も職場の教養から大切なことを学びました。人生のキャンドルサービスとして、シェアできたら嬉しいです。 

適材適所

「適材適所」とは、「人を、その才能に適した地位・任務につけること」を意味します。

組織のトップやチームのリーダーは、仕事を円滑にするため、この「適材適所」を意識し、役割を振り分けていく必要があります。

そのために必要な行動とは何でしょうか。それは、組織やチームに属する人の能力や性質をよく知ることでしょう。知れば知るほど、その人に必要な役割を与えることができます。

トップやリーダーが各人に最善の役割を振り分けた後は、受け取る側の姿勢によって仕事が円滑に進むかどうかが決まります。

そこで必要なのは、上に立つ人自身が良い手本を示すことでしょう。役割を与える側の行動が、受け取る側にも良い影響を及ぼすようになるでしょう。

一人ひとりが自分の役割を正しく理解して仕事を全うするとき、組織の運営は円滑に進みます。まずは、与えられた役割をしっかりと確認しましょう。

今日の心がけ◆与えられた役割を全うしましょう

引用:職場の教養(倫理法人会)

 

最後に・・・

役割を与える側も、受け取る側も真剣勝負!!

どんな立場や役割であっても、本当の自分らしく、今日も一笑懸命生きようと思います。

今日も人生前向きな皆様にとって、ますます素敵な日でありますように。

今日も職場の教養から大切なことを学びました。人生のキャンドルサービスとして、シェア致します。#職場の教養 #流山倫理法人会 #おいでよ流山


和価値愛カードは、魚の絵がはいった潮の流れカード22枚とそれをサポートする愛の羅針盤カード49枚の2種類、計71枚より構成されています。
詳しい説明は下のページより
↓ ↓

この記事が気に入ったら
いいね!してね。

最新情報をお届けします

Twitterで 魚画伯 をフォローしよう!

この記事を気に入ってもらえたら是非シェアしていただけると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です