12月4日(金)・・・年末の集い

魚画伯
「心機一転」今日から意識改革!!

今日も職場の教養から大切なことを学びました。人生のキャンドルサービスとして、シェアできたら嬉しいです。 

年末の集い

十二月に入り、「忘年会」の開催の話題も出始めているのではないでしょうか。

忘年会の起源は古く、諸説ありますが、鎌倉時代にまで遡るといわれています。当時は、優雅に厳か(おごそか)に連歌を詠う「年忘れ」という行事だったそうです。

現在のように、行事として慣例化したのは明治時代に入ってからで、官僚や学生を中心に「忘年会」が賑やかに開かれていたという記録があります。

昨今、企業によっては、「忘年会」ではなく「望年会」と題して、「新しい年を望んで迎える会」という意味を込めて開催しているようです。「望む」という字からも、ポジティブに年末の集いを迎えたいという意味合いなのでしょう。

一年を振り返り、疲れや嫌なことを「忘れ」、新年に向けて、更なる自己の成長と周囲の人々の幸せを「望む」ことは大切です。このような二つの認識を持ち合わせることが、職場人として必要な姿勢といえるのではないでしょうか。

英気を養って皆が笑顔で一年を締めくくりましょう。そして、次の年もまた、笑顔で迎えたいものです。

今日の心がけ◆英気を養いましょう

引用:職場の教養(倫理法人会)

最後に・・・

希望の望年会・・・いいですね。

希望を持って、ボーとした年会にならないようにしたいと思います(笑)

今日も人生前向きな皆様にとって、ますます素敵な日でありますように。

そして、年末年始、飲みすぎに注意しながら、毎日が希望の日でありますように。

今日も職場の教養から大切なことを学びました。人生のキャンドルサービスとして、シェア致します。#職場の教養 #流山倫理法人会 #おいでよ流山


和価値愛カードは、魚の絵がはいった潮の流れカード22枚とそれをサポートする愛の羅針盤カード49枚の2種類、計71枚より構成されています。
詳しい説明は下のページより
↓ ↓

この記事が気に入ったら
いいね!してね。

最新情報をお届けします

Twitterで 魚画伯 をフォローしよう!

この記事を気に入ってもらえたら是非シェアしていただけると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です