年度末に向けて・・・鯛の絵を描きました。

魚画伯
家族の絆を深めるスーパープロデューサーの長谷川です。 
 

今日で、二月も終わり、明日から3月ですね。

人生前向きな皆様、体調など崩されはいませんか?

 

さて、この時期は、ご卒業や人事異動・定年など・・・

出逢い分かれの時期でもあります。

 

この時期に頼まれるのは、ご卒業や定年などお祝いの魚として、鯛(タイ)が選ばれることが多いですね。

 

人は武士・柱は檜(ひのき)・魚は鯛

・・・と言われるように、やっぱり日本人にとって、「鯛はめでたい魚」なんですね。

通常は、魚の絵を依頼される時は、「魚選びも画伯におまかせ」・・・と言われるのですが、この時期は、「魚は鯛でお願いします」と言われることが多いです。

今日も氣愛(きあい)入れて、鯛の絵を描かせて頂きました。

 

ご卒業やご定年などおめでたい席で、小生の絵が渡されるシーンを想像するだけで、小生も幸せ。

受け取る人・お渡しする人・・・
双方嬉しい絵と言葉
をこれからも描き続けていきたいと存じます。

この記事が気に入ったら
いいね!してね。

最新情報をお届けします

Twitterで 魚画伯 をフォローしよう!

この記事を気に入ってもらえたら是非シェアしていただけると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA