6月11日(金)・・・暮らしを支える水

魚画伯
「心機一転」今日から意識改革!!

今日も職場の教養から大切なことを学びました。人生のキャンドルサービスとして、シェアできたら嬉しいです。 

暮らしを支える水

六月は雨が多い月です。旧暦では「水無月(みなづき)」といいますが、言葉の由来を調べていくと面白い発見があります。

「水無月」の「無」は「無い」のではなく「の」という意味で、「水の月」だという説があります。

その外にも、陰暦の六月は現在の六月下旬から八月上旬頃で、梅雨があけて暑さで水が干上がる時期です。そのため、「水が無い月」だという説もあります。

あるいは、水のある無しにかかわらず、この時期は田植えが丁度終わりを迎えます。そこから「すべてが終わった」が「みんなやり尽くした」となり、それが「皆仕尽(みなしじん)」となり、「みなしづき」に変化したという説もあるようです。

昔の人は、生活の中に自然を身近なものとしてとらえていたのでしょう。水は、朝の洗面や日々の食事の支度に使うなど、暮らしの中に深くかかわっています。

私たちはその恩恵さえ感じなくなってはいないでしょうか。自然と寄り添って生きた人々の昔に思いを馳せ、水を大切にしたいものです。

今日の心がけ◆水に感謝しましょう

引用:職場の教養(倫理法人会)

最後に・・・

水に感謝!!!

一時期、水に「ありがとう」と書いて飲むといいってはやりましたね。

ありとあらゆる水の存在に、改めて感謝したいと思います。

水と共に生きている

今日も暮らしを支えてくれる水、そして命そのものである水

今日もありがとうございます。

今日も人生前向きな皆様にとって、ますます素敵な日でありますように。

今日も職場の教養から大切なことを学びました。人生のキャンドルサービスとして、シェア致します。#職場の教養 #流山倫理法人会 #おいでよ流山 #おいでよ柏


和価値愛カードは、魚の絵がはいった潮の流れカード22枚とそれをサポートする愛の羅針盤カード49枚の2種類、計71枚より構成されています。
詳しい説明は下のページより
↓ ↓

この記事が気に入ったら
いいね!してね。

最新情報をお届けします

Twitterで 魚画伯 をフォローしよう!

この記事を気に入ってもらえたら是非シェアしていただけると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です