当たり前は感謝ではないけれど、感謝を当たり前にしたい。

<瞑想の原文>

孤独を愛し、孤立を超える。真の共感とは、共に苦しむことではない。自我の仮面は、後悔・罪悪感を通して、苦しみの中に真実があるかのように見せる。苦しみを共感することで、苦しみから逃れられるという歪められた世界を信じないで下さい。自我の仮面を脱いで、素顔を見せて下さい。真実の顔は、いつでも光の笑顔に溢れている。

 

後悔・罪悪感を通して、シャコー眼鏡で世界を見つめるのはやめましょう。感謝の反対は当たり前と言いますが、感謝することを当たり前にしましょう。感謝と共に、静かに自分自身を見つめて下さい。生かされていること、真の共感とは何かを教えてくれるでしょう。部分は全体であり、全体は部分でもある。あなたが苦しむことは、世界全体を苦しませることでもある。

 

あなたの苦しみの解放は世界を照らす。自我の作り出す夢から目覚め、与えられた真実を和価値愛ましょう。本当の自分に目覚めたあなたの行く道こそ真理。お天道様が見てくれている。内なる本当の自分と共に生きよう。真実は自我の理解を超える。すべてを理解できないことにも感謝しよう。目に映ることだけを真実と思いこまないで、芽を出そう。今を祝福し愛、一緒に栄光を讃え愛ましょう。

<瞑想の解説文>

真の共感とは?

孤独を愛し、孤立を超える。真の共感とは、共に苦しむことではない。自我の仮面は、後悔・罪悪感を通して、苦しみの中に真実があるかのように見せる。真の共感は、強さを思い出させてくれる。苦しみを共感することで、苦しみから逃れられるという歪められた世界を信じないで下さい。人間は弱い者と誰が言ったの?弱さは幻想であり、真実は強さを思い出させてくれる。あなたは偉大であり、強さそのものであると断言したい。自我の仮面を脱いで、素顔を見せて下さい。真実の顔は、いつでも光の笑顔に溢れている。

感謝の反対は当たり前なの?

後悔・罪悪感を通して、シャコー眼鏡で世界を見つめるのはやめましょう。感謝の反対は当たり前と言いますが、そのことを瞑想中に問いかけてみました。感謝を思い出すために、「感謝の反対語は当たり前」と言うのはいいが、それは一時的なものに過ぎない。本当の自分に目覚めれば、感謝は当たり前となる。目の前に感謝が広がっていることを感じよう。そして、喜び・感謝を共感・共有・和価値愛しよう。それが真の共感なのです。感謝することを当たり前にしましょう。感謝と共に、静かに自分自身を見つめて下さい。生かされていること、真の共感とは何かを教えてくれるでしょう。部分は全体であり、全体は部分でもある。あなたが苦しむことは、世界全体を苦しませることでもある。

目に見えること、自我の幻想を超えて

あなたの苦しみの解放は世界を照らす。自我の作り出す夢から目覚め、与えられた真実を和価値愛ましょう。本当の自分に目覚めたあなたの行く道こそ真理。お天道様が見てくれている。目に見えることだけを真実を思いこまないで下さい。目に映る世界は、過去の投影に過ぎない。内なる本当の自分と共に生きよう。真実は自我の理解を超える。目に見えることだけで理解しようとする幻想の世界から脱皮しよう。すべてを理解できないことにも感謝しよう。目に映ることだけを真実と思いこまないで、芽を出そう。目には芽を。芽を出し花が咲いていることは今、見えないかもしれませが、ココロで感じ愛ましょう。今を祝福し愛、一緒に栄光を讃え愛ましょう。

最後に・・・

過去・・09『孤独』と『真実』
現在・・11『バランス』と『発展』
未来・・00『始まり』と『脱皮』

過去

すべては繋がっているからこそ、誰もが孤独。宇宙だって孤独を感じているのかもしれない。孤独を愛して今を生きよう。幻想である孤立を超えて、真実と共に生きる。寂しさは孤立。孤独は寂しくない。あなたが独りであっても、たった一人ではない。

現在

転んでひざについた自我の幻想を祓い、さあ立ち上がろう。転ぶことで見えて来た景色も大切に。ハイハイしてきた景色も大切に。自分にハイハイ、YES YES!当たり前のように見えてきた景色も、自我の幻想の一部に過ぎない。一部にも全体の愛が流れている。

未来

自我の幻想から目覚め、脱皮しよう。当たり前から感謝へ。そして、感謝が当たり前になりますように。感謝が当たり前になった時、扉が開く。さあ、一緒に新しい扉をくぐりぬけ、真実と共に本当の自分を愛そう。真の共感を楽しみ愛、くよくよ生きず、よくよく生きよう。

魚画伯
感謝することも、あなたの喜びを和価値愛することも自分の中で当たり前にしたい。いつでも一緒に前を向いて歩きたい。人生前向きなあなた様にとって、幸せが当たり前となりますように。


和価値愛カードは、魚の絵がはいった潮の流れカード22枚とそれをサポートする愛の羅針盤カード49枚の2種類、計71枚より構成されています。
詳しい説明は下のページより
↓ ↓

この記事が気に入ったら
いいね!してね。

最新情報をお届けします

Twitterで 魚画伯 をフォローしよう!

この記事を気に入ってもらえたら是非シェアしていただけると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA