令和という時代だけに、商談は・・・

新しい時代の幕開け

いい時代を迎えられましたか?

魚画伯
家族の絆を深めるスーパープロデューサーの魚画伯です。 

 

新元号一発目の商談

お陰様で、「今も将来も役に立つ話」を地元松戸の先輩にお伝えしてきました。

いつも鋭い視点で指摘してくださる先輩と久しぶりにお会いするので・・・

「本当に役に立てるのか?」

どんな指摘が待っているのか・・・やや不安。

 

それでも、勇氣を出して、会いに行って本当によかった。

お会いするまでの不安は、いらなかった(笑)

 

役に立つ情報を伝え続ける使命

長谷川に一点の曇りでもあれば、どんなに言葉を飾っても、すべて見抜かれる。

改めて「今も将来も役に立つ話」は、人格が問われるのだと思う。

 

真意が伝わるとお陰様で、一回の商談で3回も「役に立った」と喜んでくださいました。

  • 1回目・・・「長谷川さん、ここで役に立ったって言ってもらいたいんでしょ」と笑いながら・・・
  • 2回目・・・「知らなかった、役に立った」
  • 3回目・・・「いや本当に役に立ったよ」

 

「今も将来も役に立つ話」で喜ばれたいという氣持ちと「成長した自分を見てもらいたい」という氣持ち。

長谷川の氣持ちは、全部バレている。

今日もすべて見抜かれていても、「いや、本当に役に立ったよ」と繰り返し言ってくれる優しい先輩。

 

誰もが最初は警戒した表情。

それが、だんだん笑顔になり、真剣に聞く表情になり、最後にはまた笑顔になる。

紆余曲折もある20年でしたが、それでも続けてこれたのは、「役に立ちたい想い」と「お客様の喜びの声のノート」

20年超の経験を15分にまとめてお伝えすることで、いろんな事が見えてきました。

 

15分の「今も将来も役に立つ話」が終わると先輩の近況をたくさん話してくださいました。

今おかれている状況をお伺いさせていただくことで、「長谷川が役に立てることが何か?」たくさんヒントを頂くことができました。

 

令和という時代の幕開けで、最初の商談。

令和だけに、例話をたくさん用いてお話させていただきました(笑)

最初の商談が先輩で本当によかったです。

みぞおちの痛み起こす原因は、胃だけじゃない?考えられる他の病気も疑ってみた。

備忘録のようなもの

お陰様で、「今も将来も役に立つ話」にますます自信が持てました。

職業柄、「今も将来も役に立つ話」をお届けする前は、どうしても「保険売り込まれちゃうのかな」と誰もが思うのは当然。

お会いする前の対応は、この業界20年いるといろんな方がいらっしゃるので、慣れているつもり。

 

それでも、ちょっとでも氣持ちがぶれていると営業の断り文句が、自分を否定されているような氣がしてしまう

そんな時は、今日の商談を思い出して、「この情報は、絶対に役に立つ」と信じて、また一から出直そうと思います。

この記事が気に入ったら
いいね!してね。

最新情報をお届けします

Twitterで 魚画伯 をフォローしよう!

この記事を気に入ってもらえたら是非シェアしていただけると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です