今日は迷わずアジフライ!! 前回のお母さんの言葉が耳に残って・・・

魚画伯
家族の絆を深めるスーパープロデューサーの長谷川です。 

今日は、つくばの帰り道、高校の同級生のお店 四十路さんに行ってきました。

前回9月7日、ナビで裏道を走っていたら、なんだか見慣れた懐かしさを覚える通り・・・

「見覚えあるな~でも、ここどこだっけ??」と思いながら走っていたら、急にお店が見えてびっくり!!

 

一旦通り過ぎてしまいましたが・・・懐かしさが上回り、Uターン!!

突然訪問したのに、同級生は温かく迎えてくれました。

目に飛び込んできたのは、秋刀魚定食

 

最近は、糖質制限もしていることから、どこへ行っても「ご飯少なめで・・・」と言っていたのに・・・

同級生がよそってくれるご飯の湯気をみたら、その言葉は飲み込まざるを得なかった。

飲み込んだ言葉は、裏切らなかった!!

ご飯のつやつや感は、宝石のよう・・・と言っても過言ではなかった。

茨城地元の美味しいご飯に、秋刀魚の塩加減も丁度いい!!

 

大満足して帰ろうとしたら、お母さんが、「うちはアジフライが自慢なのよ!」と言うじゃありませんか・・・

長年、お店をきりもりしてきたお母さんの一言は、シンプルですごい(笑)

すっかり、ココロを奪われてしまいました。

 

次回、つくばでのアポが決まっていたので、絶対!次は!アジフライだ~!!と半月、夢にまで見てしたったアジフライ。

 

今日は、偶然通りかかったではなく、しっかり目的地にしていたので、向かう途中、電話で予約。

予約したかいもあって、到着した瞬間に、アっツアツのアジフライがテーブルに運ばれていました。

「今日は、長谷川の好きな地元のご飯、炊きたてだからな~」と言ってくれて、ますます期待が高まる恭子の頃。

最後まで、美味しく頂きました。

 

こんなに大振りなアジフライを食べたのに、「なんで胃もたれする感じがしないんだろう?」と思っていたら、

四十路さんでは、揚げ物に使う油は、ラードを使っていないからだそうです。

サラダ油を使っている分、「コストはかかってしまうかもしれないけど、お客さんのカラダを思って・・・」

美味しくて、カラダに優しいのなら、更に嬉しいですよね。

 

最後のひとくちは、タルタルをたっぷりのせて口にほおばりました。

「ごめん、最後のひとくち、集中させてもらっていい?」

この記事が気に入ったら
いいね!してね。

最新情報をお届けします

Twitterで 魚画伯 をフォローしよう!

この記事を気に入ってもらえたら是非シェアしていただけると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です