60周年おめでとうございます。60年分のありがとうを代筆

魚画伯
家族の絆を深めるスーパープロデューサーの魚画伯です。 

先日、60周年を迎える有限会社大渕商店様より、魚の絵のご依頼がありました。

60年の歴史を感じながら、ますますのご繁栄を祈願して、描かせていただきました。

畳のあるお部屋の喜び

柏にある畳屋さん!!大渕商店さんの企業理念

純国産の畳を良心的な料金で!

朝引き上げて夕方納める

即日仕上げ!

引用:有限会社大渕商店

60年という歴史

受け継がれた伝統を守り続ける。

しかし、守り続けるだけでは、時代に取り残される。

変革しながら、守り続けていかなければならない。

そんな大渕先輩の葛藤など想像しながら書いていたら、涙がとまらなかった。

頭の中で・・・

  • 「時代に合わせて変革しなければならないんだ」
  • 「これは代々続けてきたこと、変えてはダメなんだ」

と一人で勝手にドラマがすすむ(笑)

 

感謝の氣持ちを代筆

そんな泣き虫な魚画伯が選んだ魚は、鮭。

ありがとう・・・ありがとう・・・ありがとう・・・

60年間のありがとうを一枚の絵では書ききれない。

きっと大渕さんは、「直接会って感謝の氣持ちを伝えたい」のだろうとイメージを膨らませながら・・・

そんなオーナー様の想いを鮭の絵に添えさせて頂きました。

鮭の絵がハガキとなるそうです。

次は、100年分かな?(笑)

 

畳を通して、幸せな家族がたくさんできますように。

 

追伸のようなもの

鮭の絵を描き終えたとき・・・

魚画伯
魚の絵できてきた~♪ 
  

昌子ちゃん
アジ?
 

魚画伯
マジ?
 

その後、大渕先輩の奥さんに魚の絵できましたとLINEで完成の報告をしたら・・・

カツオ? 

・・・

この記事が気に入ったら
いいね!してね。

最新情報をお届けします

Twitterで 魚画伯 をフォローしよう!

この記事を気に入ってもらえたら是非シェアしていただけると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です