幼稚園の作品展に行ってきました。

魚の絵しか描けない保険屋こと魚画伯です。

先日の日曜日、末っ子長男平蔵の通う幼稚園にて、一年間の成果が発表される作品展に行ってきました。みんな個性がそれぞれで、同じ赤鬼を描くのでも、随分と表現方法があるものだな~と見入ってしまいました。
赤鬼.jpg
小生が見入っている最中に、家族はスタコラサッサと、次の教室に行ってしまい、おいてけぼりになってしまいました。

宇宙より愛を込めて(笑)

三人.jpg
子供の作品展を通して、ちょっぴり童心にかえることができました。

童心に戻った氣持ちを素直にアジの絵に表現してみました。

社会生活において、海面の波は、激しくとも、心を穏やかに、海の底に目や心を向けよう。
海の底は、実に穏やかなのだ。

海の底に沈んでばかりいては、生活が成り立たない。

海の底、海の中間、そして海の表面にも目を向けよう。

波打つ海の表面も、穏やかな海の底も、みんな、みんな自分自身なのだ!!

 

すべてに目を向けられるような魚・・・・もとい人間になりたい今日この頃です。

この記事が気に入ったら
いいね!してね。

最新情報をお届けします

Twitterで 魚画伯 をフォローしよう!

この記事を気に入ってもらえたら是非シェアしていただけると嬉しいです。

4 件のコメント

  • リエさん0037さん
    いつもありがとうございます。
    違った感じって?・・・・・・(苦笑)

    平蔵は、平蔵で、違った道を
    開いてもらえばと思う今日この頃です。

  • ナイトサファリさん
    いつもありがとうございます。
    あまり目立つのは苦手です(笑)

    天使のように、ひっそりと
    求められたら、応援にかけつける・・・・
    そんな存在でい鯛今日この頃です。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です